日曜朝のアニメ減 テレ朝が発表した新番組編成に驚きの声も

テレビ朝日が日曜日の番組編成を変更 仮面ライダー、プリキュアシリーズなど時間変更

記事まとめ

  • テレ朝で「ニチアサ」と呼ばれ親しまれてきた日曜日午前の時間帯が遅く、短くなる予定
  • 代わりに、東山紀之がキャスターをつとめる情報番組『サンデーLIVE(仮)』が始まる
  • 日曜朝はTBS『サンデーモーニング』と日本テレビ『シューイチ』が人気を二分している

日曜朝のアニメ減 テレ朝が発表した新番組編成に驚きの声も

日曜朝のアニメ減 テレ朝が発表した新番組編成に驚きの声も

テレ朝の新番組編成で日曜朝が激変か

 10月から、テレビ朝日が日曜日の番組編成を大きく変更することが明らかになった。その新編成では、7時から放送されていた戦隊シリーズと仮面ライダー、プリキュアシリーズなどの時間がすべて変更となり、「ニチアサ」と呼ばれ親しまれてきた日曜日午前の時間帯が遅く、短くなる予定だ。代わりに午前5時50分から8時半まで、俳優の東山紀之がキャスターをつとめる情報番組「サンデーLIVE(仮)」が始まると4日に発表された。

 現在、日曜日の午前中は朝7時からアニメと特撮番組が数珠つなぎに繋がっており、他局のアニメ番組などとあわせて親しまれてきた。そのため、この放送時間帯変更が報じられると「子供たちが起きる時間が遅くなる」「日曜朝のアニメが減るのか」など、視聴習慣に変更を迫られることへの抵抗感をあらわす反応が多かった。一方でテレビ局関係者は「テレビ朝日は大胆な勝負に出た」と驚いている。

「平日朝の情報番組の視聴率をみると分かるのですが、いまは、かつての『めざましテレビ』(フジテレビ、5時55分~8時)のように圧倒的に強い番組がありません。数年前から『ZIP!』(日本テレビ、5時50分~8時)と抜きつ抜かれつになり、最近は『グッド!モーニング』(テレビ朝日、4時55分~8時)も加わって三つどもえの争いになっています。テレビ朝日は平日だけでなく、日曜朝も王者争いに加わろうと考えているんでしょうね」(民放キー局ディレクター)

 2013年9月30日に『やじうまテレビ!』をリニューアルして始まった『グッド!モーニング』は、2015年12月31日に初めて平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東世帯)を記録。以後、徐々に『めざましテレビ』『ZIP!』との差を詰め、視聴率9~10%を争う朝の王者争いに加わった。

「同じ日で、6時台は『ZIP!』がトップ、7時になると『グッド!モーニング』が抜く、総合では『めざましテレビ』がトップと猫の目で王者が入れ替わることもしょっちゅうです。少しでもよいものを届けて勝てるよう、朝の番組は真剣勝負の毎日が続いています」(番組制作会社ディレクター)

 朝のニュース・情報番組で平日は3局で王者争いをしているが、日曜は事情が異なる。番組開始からもうすぐ30年をむかえ、毎週15%前後の視聴率(関東世帯)を得ている『サンデーモーニング』(TBS、8時~9時54分)と、タレントの中山秀征と片瀬那奈がメインキャスターをつとめる『SUNDAY COUNTDOWN SHOW シューイチ』(日本テレビ、7時30分~9時55分)が視聴率10%前後で人気を二分している。

 一方、テレビ朝日は朝7時のアニメ『ヘボット!』から30分ずつ、『宇宙戦隊キューレンジャー』『仮面ライダーエグゼイド』『キラキラプリキュアアラモード』と9時まで子ども向けの番組を放送してきた。視聴率は5%に満たないのが普通だ。しかし主に子育て家庭への浸透や、連動イベントに集客しやすいなど、視聴率だけでは測れない意味を持つ番組ばかりだ。その意義よりも、曜日に関係なく朝の時間帯はすべてニュース情報番組にすることを優先したことに、他局の関係者は驚きを隠さない。

「平日夜に放送している『報道ステーション』と同様に、土日のプライムタイムも『サタデーステーション』『サンデーステーション』と報道番組を一週間帯で見られるようにつなげてきた。同じことを朝の時間帯でもチャレンジするとは予想していませんでした。テレビ局が編成を変えて攻める場合は、普通、得意分野を伸ばす形でやるもの。それが、あえて不得意な日曜朝の情報番組に挑むのは強気だし、意気込みがすごいんだろうなと思います。僕らは、負けない番組づくりをするだけです」(民放キー局情報番組スタッフ)

 テレビ番組の視聴率は、番組そのものの面白さだけでなく、視聴者にとっての習慣の影響が強いと言われる。新しい習慣を見る人に持ってもらおうというテレビ朝日のチャレンジは、日曜日の朝の王者争いにどのような変化をもたらすだろうか。

関連記事(外部サイト)