カムリ セダンへの郷愁持つ中高年を掴み復権果たせるか

トヨタ自動車が新型カムリ発売 アテンザ、スカイラインなどモデルチェンジの噂も

記事まとめ

  • トヨタ自動車が新型カムリ発売し、低迷する"セダン復権"の起爆剤となるか注目される
  • 2017年1〜6月の販売ランキングでセダンはスバル「インプレッサ」の11位が最高
  • ホンダのシビックに続きマツダアテンザ、日産スカイラインのモデルチェンジの噂も

カムリ セダンへの郷愁持つ中高年を掴み復権果たせるか

カムリ セダンへの郷愁持つ中高年を掴み復権果たせるか

デザインもシャープになった新型カムリ

 トヨタ自動車が7月10日に発売した新型「カムリ」が、国内の自動車市場で低迷する“セダン復権”の起爆剤となるか注目されている。

 カムリといえば、1982年の初代発売以来、世界100か国以上で累計1800万台を売り上げてきたトヨタの主力ブランドだ。特に米国では年間50万台規模の販売台数を誇り、2016年まで15年連続で乗用車部門の販売台数トップを記録。いまや稼ぎ頭のグローバル基幹車種となっている。

 6年ぶりに全面改良した今回の新型は、「TNGA」(トヨタ・グローバル・アーキテクチャー)と呼ばれるトヨタの新しい設計・開発手法を採用。車台や部品などの共通化によりコスト削減で浮いた開発費を、走行性能の向上に費やした。その結果、ハイブリッド車(HV/日本はHVのみ)の燃費は、ガソリン1リットルあたり最高25.4kmから33.4kmと大幅に向上させた。

 デザインも近年のトヨタ車に共通するシャープなフロントマスクに変わり、若者層など新規ユーザーの獲得にも意欲を見せる。だが、車室以外に独立したトランクルームを持つ、いわゆるセダン系のクルマがとにかく売れない時代なのは確か。

 2017年1~6月の登録車の車名別販売ランキング(日本自動車販売協会連合会調べ)を見ても、上位にはコンパクトカーの日産「ノート」やSUV(スポーツ多目的車)のトヨタ「C-HR」などが並び、トップ30モデルに入ったセダンは、11位のスバル「インプレッサ」が最高。以下は13位「カローラ(トヨタ)」、28位「クラウン(トヨタ)」、29位「アクセラ(マツダ)」しかない。しかも、クラウン以外はワゴンやハッチバックも含んでの販売台数だ。

「1990年代はミニバン、2000年以降はコンパクトカーや軽自動車、近年はSUVと入れ替わりで訪れるブームに押され、昔ながらのセダンはどんどん車種を減らしながら衰退していった」(自動車専門紙記者)

 だが、前述のように米国をはじめ、中国やインドなど新興国市場でもセダン人気はまだ衰えていない。グローバル戦略を重視する日本の自動車メーカーにとって、「世界展開を続けるうえで自国でもセダンの失地回復を図りたい」(メーカー幹部)と考えるのは当然の成り行きなのかもしれない。

 では、今後トヨタのように国内でセダン車種の再編や新型車の投入を増やすメーカーが出てくれば、自然と人気も復活してくるのかというと、そう簡単ではなさそうだ。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がいう。

「クルマ離れが叫ばれて久しい日本では、単純にクルマのデザインや内装がかっこいいからという理由で売れる時代ではありません。乗っているだけで人が振り向くようなタイプではないセダンはなおさらです。

 これからはモノ消費よりもコト消費に訴えかける売り方をしなければなりません。つまり、そのクルマに乗ると何ができて、どんなカーライフが送れるのかといったユーザーへの具体的な提案が必要なのです。

 ホンダも2013年の新型アコード発売時に『セダン愛。』という広告コピーを打って国内向けセダンの強化を図ったことがありましたが、あまり浸透しませんでした。やはりセダンの購入動機や実用性がユーザーに伝わらなかったからだと思います」

 さて、月販目標2400台と強気の数字を掲げたカムリは、「もう一度セダンを輝かせたい」と意気込むトヨタ専務役員、吉田守孝氏の言葉通りとなるか。ジャーナリストの福田俊之氏はこういう。

「購入層の中心は、1980年代にセダンに乗っていた50代以上のオジサン世代になるでしょう。価格も329万4000円からと決して安くありませんし、何よりもその世代は、セダンに郷愁を感じている人が多い。子どもが大きくなって夫婦2人の生活になれば、ワゴンやミニバンといった車種は必要ありませんからね。

 ただ、トヨタのセダンを買うにしても、カローラでは小さくて物足りないし、かといってクラウンやレクサスは高嶺の花。そんなユーザーに向けて、マークXやSAIを凌ぐ中型セダンの上級ブランドとして定着させることができるかが、セダン復権の行方を占う試金石になるでしょう」

 ライバルメーカーでも、今秋にはホンダの6年ぶりとなるシビック登場に続き、マツダアテンザ、日産スカイライン、ホンダアコードなどのセダンもモデルチェンジやモデル追加が噂されている。もちろんメルセデス・ベンツやBMWほか高級セダンのラインアップも拡充される。

 逆境をバネにした新時代の「セダン戦争」が幕を開けた。

■撮影/井元康一郎

関連記事(外部サイト)