「おカネの本質」とは何か? 堀江貴文氏が解説

「おカネの本質」とは何か? 堀江貴文氏が解説

情報収集能力が成否のカギとなる(『バカは最強の法則』より)

『多動力』に続き、最新刊『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』で、またしても大胆な提言を連発している堀江貴文氏。同書に記した「仕事や人生で負けないための法則」について、短期集中連載で特別解説! 5回目のテーマは、カネの本質や正体について。それらを理解していなければ、仕事も人生も遅かれ早かれ失敗するのだという。

 * * *
 人はカネがなくなると、入ってくる情報の質が悪くなり、思考力が落ちるものだ。そしてカネがさらに減っていく悪循環に陥り、結果的に悪いカネに頼らざるを得なくなる。カネがない悪循環に陥る原因は、環境がどうのという以前に、そもそも良質な情報を得る努力を怠っているからだ。

 情報は入ってくるものではない。こちらから、取りに行くものだ。仕事やカネで失敗し、いつまでも悪い環境から抜け出せないような人は、環境に負けたのではなく、単純に情報弱者なのだ。情報弱者だから、カネの本質というものをまるでわかっていない。

 多くの人が価値ありと認めるものを一括して、誰でも万能で使えるようにしたのが紙幣、すなわちバンク・ ノートだ。現代ではデジタルデータでも代用されている。紙幣そのものには何の価値もないことの証明だ。

 すなわちカネとは、信用だ。モノとしての実体など、なくても構わない。信用、それ自体が本質なのだ。だから「カネがなくて困っている」というのは、「信用がなくて困っている」という意味と同じだ。一時的に借金をすれば、解消できるわけではない。信用をいかにして取り戻すかという考え方をしていかないと、カネで困る人生は、いつまでも続く。

 1万円紙幣はあくまで紙切れにすぎず、その紙切れ自体に1万円の価値はない。あくまで1万円の消費活動を可能にする、信用が付与されているだけのことだ。実体があるようで、全くない。それがカネの正体だ。

 でも、やっぱり世間の人、特に貧困だと騒ぐ人たちは、札束がカネだと勘違いしている。言ってみれば、「お札教」が世界で最も影響力のある宗教なのかもしれない。

 お札信奉者たちは、マインドコントロールにかかったかのようにカネ、カネと唱え続けている。信じていて幸せだというなら仕方ないけど、お札教の影響力はあまりにも強い。アホみたいな詐欺的商売が、何の苦もなく成立している。

 ただし、何をもって本当の信用なのか詐欺なのか、はっきりした境目が存在しないから厄介だ。本当は詐欺または詐欺的な行為なのに、信用のプレゼンがうまいだけで、社会的な地位でも経済的にも大成功している輩は大勢いる。逆に、本物の信用に足るビジネスをしているのに、周りが「あれはウソだ、詐欺だ」と言い出すと、途端に詐欺的商売としか見られなくなってしまう。

 詐欺師たちが人を騙す信用の構造と、人々がカネを盲信する構造は、皮肉なことによく似ている。どちらも実体のないものが、ありがたがられている。「価値がある」「保証されている」と世間の誰もが言うから、信用しているにすぎない。信用の本質の部分は、必ずしも問われていないのだ。

※堀江貴文・著/『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』より

関連記事(外部サイト)