牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」

牛肉偽装告発者「私をヒーロー扱いしたメディアは所詮観客」

雪印食品の牛肉偽装事件を告発した西宮冷蔵の水谷洋一社長(写真:時事通信フォト)

 内部告発の成否のカギを握るのが、告発者の声を国民に届ける「メディア」だ。2002年に起きた雪印食品による牛肉偽装事件は、同社の取引先だった西宮冷蔵の水谷洋一社長(63)の告発によって明るみに出た。

 大企業の不正に立ち向かう水谷氏は一気に“メディアの寵児”となったが、その後の平坦ではない歩みから、考えさせられる点は多い。

 * * *
 朝日新聞と毎日新聞に情報提供して朝刊1面トップ(2002年1月23日付)で問題が報じられてからは、記者たちが僕のところに殺到してきて、寝る間もなかった。

【2001年に日本産牛肉のBSE(牛海綿状脳症)感染が発覚し、農水省は国産牛肉買い取り事業を開始。同事業を悪用し、外国産牛肉を国内産と偽ってパッケージを詰め替えて買い取らせようとしたのが雪印食品関西ミートセンターだった。水谷氏の告発によって、雪印食品は2002年4月に解散に追い込まれた】

 相手は大口の得意先のひとつやったから、一度は内々に不正をやめるように忠告しましたよ。でも、無視されて、「ほな(告発を)やってやろう」と思ったんですわ。

 僕からすればマスコミは事件の“観客”でしかなった。告発直後は各社が連日押しかけてきたけど、徐々に1社ずつ撤収していく。雪印食品の解散だとか、そういうタイミングになるとまた何社もやってくる。そういう波の繰り返しでした。

 告発後に直面した問題は、大手がうちとの取引からどんどん撤退していったこと。いつの間にかケンカの相手が業界全体になっていったわけですわ。マスコミは背中を押すけど、戦いのリングに上がるのは僕だけ。

 結局、翌2003年には西宮冷蔵も休業に追い込まれた。カンパを募ってなんとか翌年に再建にこぎつけたけど、2014年にまた休業になってしまって、今もまたカンパを募る日々ですわ。

 米国やったら公益通報者は報奨金がもらえるけど、日本にはない。それで資金が回らなくて叩き潰されてしまった。

 うちの会社が休業になって以降は、ごく一部の継続的に取材してくれる社を除いて、マスコミはみんないなくなりましたわ。その後僕がどうなったかなんて彼らのメシの種にはならんのよ。

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)