“勝ち組テーマパーク”は地方に存在、VRも駆使し大ヒット

“勝ち組テーマパーク”は地方に存在、VRも駆使し大ヒット

2015年度は過去最高益を記録した『ハウステンボス』(HPより)

『レジャー白書』(日本生産性本部)によれば、2015年度の遊園地・テーマパーク市場は7640億円と、2年連続過去最高を更新。

 牽引しているのは、2大テーマパーク、東京ディズニーリゾートとUSJである。

 ディズニーシーはこの5月、屋内型アトラクション『ニモ&フレンズ・シーライダー』エリアをオープン。USJも4月に『ミニオン・パーク』エリアを新設した。

 ディズニーランドは今後、750億円の巨額投資で『美女と野獣』の新エリアを、USJは600億円をかけて、マリオカートなどが楽しめる『スーパー・ニンテンドー・ワールド』エリアを作る予定だ。

 だが、好調なのは2強だけではない。あまり知られていない“勝ち組”のテーマパークが地方に存在していた。

 その筆頭が『京都市動物園』。日本で2番目に古い動物園だが、小さな敷地を逆手にとって動物との距離感を縮めたリニューアルが大成功。2011年には68万人だった入園者数が2015年には120万人を突破。

「約10センチの距離でアムールトラが空中通路を歩く姿や、至近距離からキリンの食事姿を間近で見られます」(広報担当者)

 2004年に大ブームを起こした北海道の『旭山動物園』(旭川市)は、今や入園者数は最盛期の半数程度。この結果が栄枯盛衰を物語っている。

『ハウステンボス』(長崎県佐世保市)も、2015年度は過去最高益を記録した。最新のテクノロジーを駆使したVR(ヴァーチャルリアリティー)のアトラクションが大当たり。

「約30種のVRコンテンツを揃え、日本一のVRテーマパークとなりました。8月1日にオープンするVRジェットコースター『VR・KING』は、現実世界ではありえない超絶景が目玉です」(宣伝担当者)

 新幹線の開通で客足が激増した『金沢21世紀美術館』(石川県金沢市)も2015年度に過去最高益を達成。『レオマリゾート』(香川県丸亀市)も過去5年で2桁成長を記録している。

 世界一の温泉涌出量を誇る大分県別府市は2016年11月に、温泉PRのために『湯~園地』計画を発表し、泡立てた温泉につかりながら疾走するジェットコースターのイメージ動画を制作。この動画の再生回数が100万回を超えたら「『湯~園地』を実現させる」と市長が公約すると、あっという間に100万回を達成した。

 別府市は公約通り、市内の老舗遊園地『別府ラクテンチ』とコラボして、7月29日から31日までの3日間限定で『湯~園地』をオープンした。

「温泉地である別府市の観光に貢献できたらという思いで、企画が実現しました。別府全体がますます盛り上がりますように!」(広報担当者)

 今後も競争を過熱させる新たなレジャーランド建設も予定されている。埼玉県飯能市では大人気キャラクター・ムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』が2019年にオープンする。 熾烈を極めるレジャーランドの顧客獲得競争。だが一部ではその弊害も出てきている。

 7月16日、『富士急ハイランド』(山梨県富士吉田市)で、人気ジェットコースター『ド★ドドンパ』のタイヤがパンクし、緊急停止する事故が発生。同ジェットコースターは昨年10月から総工費15億円をかけて改装を進め、7月15日に営業を開始したばかりだった。

 4月にも三重県の遊園地『ナガシマスパーランド』(桑名市)でジェットコースターが緊急停止している。レジャーランド市場に詳しい桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授の山口有次氏が語る。

「昨今は設備投資や集客に目が行きすぎて、安全面がおろそかになっている部分も見受けられます。各施設側にはこれまで以上の管理体制が求められています」

 一方、巨額投資と無縁の世界で人気を集める施設もある。千葉県船橋市の『アンデルセン公園』だ。大人900円、小~中学生200円という格安の同園は、世界最大の旅行クチコミサイト『トリップアドバイザー』の顧客満足度ランキング(2015年度)でディズニーランド&シーに次いで3位に輝いた施設。USJや富士急ハイランドよりも、格安レジャーランドの方が支持されているという驚きの結果だ。

 東京ドーム6個分の敷地に100種類以上の遊具にボート乗り場やバーベキュー場を備えた園内は、連日家族連れで大盛況。

「いろんなテーマパークに行きましたが、ここがいちばん。レジャー施設に行く目的って、最終的には“家族の触れ合い”に尽きるんです。川のせせらぎを聞きながら、シートの上で家族一緒にお弁当を食べる。それに勝る瞬間はありません」(常連客)

 求められているのは、プライスレスな体験ということか。

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事(外部サイト)