相続税対策として話題の「タワマン節税」 国税にNGを突きつけられるリスクも

記事まとめ

  • 相続税法の改正で課税対象が財産総額6000万円以上から3600万円に引き下げられた
  • タワーマンションの高層階を購入する「タワマン節税」は近年、話題となった
  • 租税回避措置だと国税が判断した場合などは、実勢価格ベースで課税される可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております