チョコ、日本酒…「冷夏・長雨」恩恵受けた意外な食品の数々

チョコ、日本酒…「冷夏・長雨」恩恵受けた意外な食品の数々

冷夏になるとチョコが売れるという

「今年の夏は猛暑のおそれ」──そんな予想はどこへやら。想定外の冷夏に多くの業界から悲鳴があがっている。中でも、夏こそかき入れどきのアイス業界は、期待に反する天候にガックリ肩を落としているという。

「予想された8月の猛暑に備えて各メーカーとも限界まで増産し、それでも在庫不足を懸念していましたが、『取らぬ狸の皮算用』に終わりました」(アイスクリーム情報サイト『アイスクリームプレス』の二村英彰氏)

 人気アイス「ガリガリ君」(赤城乳業)は8月の販売が前年比1割強も減少したため、工場の一部生産ラインを停止している。

 だが泣く者あれば笑う者あり。同じ菓子業界でもホクホク顔のメーカーがあった。例年に比べて好調なのが「チョコレート」の売り上げだという。

「例年、チョコは猛暑で売れ行きが落ちるが、今年の売れ行きは好調です。9月には新商品の発売も控えているので、このまま残暑がなく秋が来てくれるとありがたい」(森永製菓コーポレートコミュニケーション部)

 なぜ冷夏だとチョコレートが売れるのか。日本チョコレート・ココア協会事務局がこう解説する。

「チョコレートは28℃以上になると、カカオの油脂分が表面に溶け出してべとつき、食べにくくなったり味が悪くなったりする。今年の冷夏は、チョコレートを美味しく食べるのに最適な環境でした」

 何事にもオモテがあればウラがある。“冷夏バブル”に沸いた面々とは──。

 夏場の平均気温が1℃上がるごとに販売数量が1日80万本(大瓶換算)増えると言われるビール。7月中旬から下旬にかけての猛暑で前年比およそ3割増を記録した各社は意気込んで増産を決めたが、まさかの冷夏でアテは外れた。

 代わりに躍進したのが「日本酒」だ。例年、夏場は売れ行きが鈍化するが、都内の日本酒卸業者は笑顔で話す。

「気温が下がると、『1杯目のビール』の代わりに、『1杯目から日本酒』を頼む人が増える。そのため、今年は昨年8月よりも2割ほど日本酒が多く出ている印象です」

 ビールの売り上げ減少は食べ物の売り上げにも影響する。

「コンビニのレジ横にある唐揚げチキンなどの“ビールのお供”の売り上げも一緒に減少します」(都内のコンビニ店長)

 代わりに売れているのが、季節外れにも思える「おでん」だ。

「コンビニは“旬”の売り上げを最大化するために、季節を前倒しして商品を販売し、顧客に印象づける。11月からの本格シーズンに向けて8月から販売を開始するおでんは、例年この時期には“何でこんなに暑いのにおでんなんだ”と敬遠されますが、今年は売れている。

 コンビニの商品は“急な体感温度の変化”で売り上げが伸びるといわれます。寒暖の差が激しく、急に肌寒さを感じることの多い冷夏におでんの熱さがマッチしたのでしょう」(流通ジャーナリストの渡辺広明氏)

 ちなみに、おでんの具となる「鶏卵」も冷夏大歓迎の商品だという。

「暑いと鶏が大量に死んでしまうのですが、今年の夏は涼しくて過ごしやすいのでそういった報告はない。高品質の卵を皆様に安定供給できると喜んでいます」(日本養鶏協会)

 夏は「ざるそば」や「冷やし中華」などの冷やし麺が定番だが、「冷夏で需要が減り、大手コンビニで前年比5%減と苦戦している」(前出・渡辺氏)。その“シェア”を奪っているのが温かい「即席麺」だ。

「お弁当コーナーに置いてあるラーメンやそばなど、電子レンジで温めるタイプのホット麺は前年比3倍の売り上げです。ミネストローネのようなチルドタイプの温めるスープも前年比1.5倍売れています」(ローソン広報部)

 即席麺の代表格である「カップ麺」も好調だ。

「商品ごとのデータはまだ出ていませんが、小麦粉をこねるところから、『チキンラーメン』を手作りできる展示施設『カップヌードルミュージアム』(神奈川県横浜市)は例年よりも2割来場者数が伸びています。この冷夏をうけて、屋内ということと、温かい麺を食べられるということが影響したのかもしれません」(日清食品広報部)

 冷夏は、野菜の収穫量にも影響を及ぼす。

「雨続きで日照時間が短く、野菜が不作。キュウリ、トマトなどの夏野菜は仕入れ値が2倍以上、長ネギは仕入れ値が5kg1000円だったのが、8倍の8000円になった」(都内青果店店主)

 そのため、気温が低くても収穫量が減らず価格変動が起きにくいモヤシが重宝されている。モヤシ製造メーカーの富士食品工業によれば、「屋内で育てられることや、種を植えてから1週間で出荷できることもあり、冷夏でも安定的に供給できるため、現状では例年並みの売れ行きをキープしています。今後、キャベツなどの葉物野菜が値上がりする9月以降にはモヤシの需要がさらに上がるのではないかと期待しています」(総務部)とのことだった。

※週刊ポスト2017年9月8日号

関連記事(外部サイト)