故・西室泰三氏 異色の経歴ながら東芝でなぜ力を持てたのか

故・西室泰三氏 異色の経歴ながら東芝でなぜ力を持てたのか

日本郵政社長時代も東芝に影響力を持ち続けた

 東芝の社長・会長を務めた西室泰三氏が81歳で亡くなった。

 西室氏は東芝会長を降りたあとも、東京証券取引所会長(一時社長を兼務)、日本郵政社長を務めるなど、常に経営の第一線に座り続けただけでなく、古巣の東芝に対しても影響力を発揮し続けた。

 なぜそれほどまでに力を持ったかというと、ひとえにその交渉力にある。

 西室氏は東芝では異色の社長だった。かつて東芝の社長になる条件は東大卒、重電出身というものだった。歴代社長のほとんどがこの条件に当てはまった。しかし西室氏は慶応大学経済学部出身で、電子部品の営業畑を歩んできた。

 それが社長の椅子を射止めたのは、DVDの規格争いでソニーを破るという大金星を挙げたからだ。

 1990年代初頭、ビデオカセットに代わりDVDの時代が到来した。しかし当初はソニー・フィリップ陣営と東芝・松下・日立陣営が規格を巡り真っ二つに割れていた。CDで実績のあるソニーは自信満々だったが、勝利したのは東芝陣営だった。

 規格争いの始まる前、米国東芝会長だった西室氏は米映画大手タイム・ワーナーへ出資した。これでハリウッドに知己を得た西室氏は、DVDの規格争いでこのネットワークを最大限活用し、ハリウッドを味方につけることに成功する。これが決め手となって、DVDの規格が決まった。

「野武士の日立、公家の東芝」と言われたように、東芝はよくも悪くもおっとりとした性格だ。その中にあってハリウッドとの交渉をまとめ、ソニーとの対決に勝利した西室氏の交渉力・行動力は際立っていた。

 当時の東芝は「集中と選択」により事業構造の大幅変革に取り組んでいるところだった。その東芝にとって、過去の経営者にないバイタリティを持つ西室氏は輝いて見えた。それが異色の経歴を持つ社長誕生へとつながった。

 いわば地位を実力によって勝ち取った。それだからだろうか、その地位への執着も人一倍だった。2000年に会長となるが2003年には指名委員会委員長となり、次期社長の任命権を手中に収め、事実上の院政が始まった。そして社長に指名したのが西田厚總氏だった。

 西田氏もまた、イラン現地法人入社という経歴を持つ異色の経営者。そして西田氏以降、東芝がチャレンジの名のもと不正経理を繰り返し、さらには米ウエスチングハウスを買収して今日の危機を招いたのは周知のとおりだ。

 経営危機に陥った東芝に対しても、西室氏は郵政社長の立場でありながらトップ人事に介入し、メディアに対して持論を語り続けた。ある意味、東芝愛に溢れた人だった。しかし苦境に苦しむ東芝社員からは、「すべては西室から始まった」との恨み節が聞こえてくる。 

 西室氏は昨年夏に体調を崩し、以来、人目に触れることはなくなった。半導体部門売却にまつわるドタバタ劇を、どのような思いで見つめていたのだろうか。

■文/関慎夫(『経済界』編集局長)

関連記事(外部サイト)