『相続税マルサ』は忘れた頃に突然訪問も 訪問で『非違(ひい)』発見確率は8割超とも

記事まとめ

  • 相続税が富裕層だけではなく、一般家庭もターゲットにしてから約3年が経った
  • 『相続税マルサ』が現れるのは、故人が亡くなって2年ほど経った頃が多いという
  • 一度訪問されると、申告漏れなどの『非違(ひい)』を見つけられる確率は8割超とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております