相続税、申告漏れの指摘受けるケース多発 『名義預金』が違法行為とみなされることも

記事まとめ

  • “相続税マルサ”による「臨宅」は遺産相続手続きが終わってから行なわれることが多い
  • その過程で、思いがけない申告漏れの指摘を受けるケースが後を絶たない
  • 生前贈与の際の『名義預金』が違法行為とみなされ申告漏れで加算税が課せられることも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております