アイリスオーヤマのLED 東日本大震災から需要拡大した

アイリスオーヤマのLED 東日本大震災から需要拡大した

ナショナル家電メーカーも一目置く存在になったアイリスオーヤマ『アイリスオーヤマ』

 かつて世界を席巻した日本の家電ブランド。だが、今やグローバル競争に敗れて衰退の一途を辿っている。

 そんな中、ひとり気を吐くのが『アイリスオーヤマ』だ。もともとは生活用品製造卸を主としていた企業が大手家電メーカーを脅かすまでに成長を遂げた背景には、強烈なリーダーの存在があった。

 大山健太郎社長(72才)が成長の過程で社員に徹底させたのは「生活を快適にする」という消費者、特に主婦目線のコンセプト。その象徴が今では一般家庭に当たり前のように置いてある“透明な衣装ケース”だ。アイリスオーヤマ広報の松下沙樹さんはこう語る。

「30年前、大山社長がゴールデンウイークにお仲間と釣りに出かけようとしたときのことです。5月にもかかわらず寒い日で、社長は自宅の押入れに頭を突っ込んでセーターを探したそうです。

 しかし、なかなか見つからない。家中の衣装ケースを引っ張り出しましたが、結局、お目当てのセーターが見つかったのは、最後の衣装ケースの底だった。そんな苦労を経験した大山社長は衣装ケースを透明にすればいいじゃないかと思いつき、商品化を進めたのです」

 こうして発売した透明な衣装ケースは予想を上回る売り上げを記録した。生活用品で成功を掴んだ大山社長。だが、家電の街・大阪で生まれ育った彼には憧れがあった。それが「家電」だ。

 2009年に製造販売を開始したLED照明が家電業界参入のきっかけだった。

「節電効果が期待されたLEDですが、弊社の参入前は電球1つが数千円の世界でした。『これでは一部のお金持ちしか買うことはできない。全ての人に行きわたってこそ、本当の節電効果が得られるはずだ』と考えた大山社長は、より手軽な価格で提供できるLED照明の開発を急ぎました。

 当時のLED電球を観察すると、接続部分から上半分がアルミ製でした。『この部分をプラスチック製にすることができれば、消費者が手に取りやすい価格で販売できる』と気がついた大山社長は、弊社のそれまでのノウハウを生かしてプラスチック製のLED照明を作り上げました」(松下さん)

 2011年に東日本大震災が発生すると、消費電力の小さなLED照明の需要は急拡大し、アイリスオーヤマ製のLED照明は大ヒットした。ここから一気に“家電メーカー”としての存在感が増していく。2口型のIHコンロや低価格ながらも吸引力に優れたスティック型の掃除機、銘柄別に炊き分けのできる炊飯器など、小型家電でヒットを連発。家電評論家の戸井田園子さんはアイリス製品の性能の高さを絶賛する。

「私がおすすめするのは布団乾燥機。従来のものは掛け布団と敷き布団の間にマットを差し込む構造で、使用後にマットをたたんだりと面倒が多かった。そこにマットレスタイプが登場してヒットしていたが、サイズが大きくて価格も高い。そこでアイリスは機能を絞り込んで1万4000円程度の低価格のマットレス乾燥機を実現させて大ヒットさせました」

 そして2017年、大山社長が「家電のゴール」と語り、これまで大手しか手がけてこなかった冷蔵庫、洗濯機、エアコンの大型白物家電へ本格参入した。その第1弾がエアコンだった。

 このチャレンジは家電業界から大きな注目を集めている。

※女性セブン2018年3月1日号

関連記事(外部サイト)