台湾・宜蘭県、那覇に事務所 漁業者の交流促進へ

台湾・宜蘭県、那覇に事務所 漁業者の交流促進へ

台湾・宜蘭県、那覇に事務所 漁業者の交流促進への画像

 台湾東北部にある宜蘭県は6日、観光、経済、文化や漁業者間の交流促進のため、那覇市久茂地に沖縄事務所を開設した。関係者によると、台湾の自治体が沖縄に事務所を構えるのは初めてという。開設に当たって沖縄を訪れた台湾琉球協会の理事長で宜蘭県の林聰賢県長(知事)は「経済、教育など各方面で交流を深める拠点としたい」と狙いを語った。

 同日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、事務所設置を説明した。林県長らによると、事務所には当面、委託の職員を1人配置する。

 目的の一つとなっている沖縄と宜蘭の漁業者間の交流促進は、日台漁業取り決め(協定)の締結により両地域の漁業者間で摩擦が起きていることを踏まえた。林県長は「両地域の漁獲対象は(クロマグロなど)重なるものが多い。両地域の漁業者が競争するのではなく、連携するプラットホームを作りたい」と狙いを語った。

 林県長ら一行は7日、IT津梁パークを視察する。「宜蘭県ではスマート交通システムの導入を計画している。いいシステムがあったら取り入れたい。介護産業も台湾より進んでおり、視察したい」と話した。翁長知事の宜蘭県訪問も要望した。翁長知事は「台湾と沖縄は兄弟のようなもの。力強い関係を築き、一緒に発展していきたい。ぜひ宜蘭県にもうかがいたい」と意欲を示した。

関連記事(外部サイト)