産業まつり、来月21〜23日 40回記念し「海洋産業展」

産業まつり、来月21〜23日 40回記念し「海洋産業展」

「第40回沖縄の産業まつり」をPRするポスターをデザインした朝日印刷(那覇市)のグラフィックデザイナー・友寄貴公さん=26日、那覇市のホテルロイヤルオリオン

 10月21〜23日に那覇市の奥武山公園と県立武道館で開催する「第40回沖縄の産業まつり」の実行委員会(会長・呉屋守章県工業連合会会長)が26日、第1回会合を那覇市のホテルロイヤルオリオンで開いた。40回の節目となる今大会の特別企画として、沖縄近海における次世代型の海洋産業を紹介する「海洋産業特別展」を開催することを確認した。 会合では今大会のテーマを「じょうとーむん 使うよろこび 県産品」に決定した。大会には500社程度が出展を予定する。
 新規イベントとして、県内企業の健康食品を紹介して販路拡大やビジネスマッチングを図る「全国ヌチグスイ化計画」と、県の企業支援事業を紹介する「沖縄産の加工食材・工業製品の海外展開促進事業展」を開催する。

 海洋産業特別展では、海洋ロボットの操縦や仮想現実(VR)ダイビング、サンゴ苗作りの体験のほか、海洋関連の事業・研究、観光メニューなどをパネルや映像を使って紹介する。

 初会合では産業まつりをPRするポスターの表彰式も行われ、朝日印刷(那覇市)のグラフィックデザイナー・友寄貴公さんの作品が選ばれた。
【琉球新報電子版】