読書の感動を画で応募「第28回読書感想画中央コンクール」

読書の感動を画で応募「第28回読書感想画中央コンクール」

全国学校図書館協議会「第28回読書感想画中央コンクール」

 全国学校図書館協議会、毎日新聞社、学校図書館協議会は、小学生から高校生を対象に「第28回読書感想画中央コンクール」を実施する。読書によって得た感動を、絵画で表現して応募する。実施地域は山口県と九州地区を除く38都道府県。

 「読書感想画中央コンクール」は、読書によって得た感動を絵画表現することを通して、児童生徒の読書力や表現力を養うとともに、読書活動の振興を図る趣旨のもと実施されているコンクール。

 応募は指定読書・自由読書それぞれ各1人1点まで。全国学校図書館協議会らが指定した「指定図書」か、自由に選んだ「自由読書」に関する感想画を応募する。指定図書は、小学校低学年用が「くじゃくのジャックのだいだっそう」など全4作品、小学校高学年用が「ガラスの壁のむこうがわ」など全4作品、中学校・高等学校対象が「車夫」など全5作品。指定図書の一覧はWebサイトに掲載されている。応募の際は、所定の応募票とともに、読んだ本にどのように感銘したか、作画の動機は何か、作画に苦心した点などを作画感想用紙に200字以内にまとめ、作品とともに応募する。

 在籍校に提出された応募作品は、まずは各都道府県ごとに設けられた審査委員会で審査され、各都道府県のコンクールの各部上位入賞作品4点、合計16点が都道府県代表作品として中央審査委員会に送られる。最終的に「個人賞」として文部科学大臣賞4名、優秀賞8名、優良賞16名、奨励賞の受賞者が決定されるほか、「学校賞」「凸版印刷株式会社賞」「大和証券賞」などの受賞者を審査し、決定する。優秀作品はカレンダーとして制作され、各学校に無償提供される。表彰式は2017年2月24日に開催予定。

 応募要項は、コンクールを実施している都府県学校図書館協議会を通じ、各学校に配布される。応募締切りなどの詳細は、Webサイトおよび各在籍校に確認すること。

◆第28回読書感想画中央コンクール
実施地域:38都道府県(山口県、九州地区8県を除く)
応募資格:小学生・中学生・高校生(全日制・定時制・通信制)、満20歳以下に限る(1996年4月2日以降出生)
応募区分:指定読書・自由読書それぞれ各1点
※指定図書一覧はWebサイトに掲載
応募部門:小学校低学年の部(1〜3学年)、小学校高学年の部(4〜6学年)、中学校の部(全学年)、高等学校の部(全学年)
用紙・画材:
用紙は画用紙・ケント紙・キャンバスボード・マニラ紙・ボール紙など、画材はクレヨン・パステル・水彩・油絵具など自由(版画・はり絵も可)
※ワク貼りキャンバスや木製パネルなど厚みのある作品は不可
作品寸法:36cm×25cm以上、55cm×40cm以下
応募方法:作品の裏面に応募票を貼付し、在籍校に提出する
※応募締切りなどの詳細は、在籍校に確認すること

関連記事(外部サイト)