教育関係者向け「グローバル教育プログラム」講演会10/22

教育関係者向け「グローバル教育プログラム」講演会10/22

グローバル教育研究所

 グローバル教育研究所は10月22日、教育関係者向けの講演会を開催する。おもに中高生を対象に開発したグローバル教育プログラムをメインテーマに、開発背景の紹介やパネル討論を行う。参加費は一般5,000円、学生1,000円。

 2012年に設立されたグローバル教育研究所は、中学・高校におけるグローバル教育の導入や、グローバル教育を教えることができる認定講師の養成を行っている。理事長の渥美育子氏が開発した「地球村への10のステップ」は、旅をしながら20の体験をするうちに「地球村市民」に成長するグローバル時代の総合教育教材。世界を俯瞰する視点と、日本固有の価値の両方をあわせ持つ独自のプログラムとなっている。関東を中心に全国で十数校が導入しており、現在の認定講師は33名。

 講演会は「地球村への10のステップ」をメインテーマに、開発の背景やプログラムのポイントを紹介する。また、大学生を受講者とする模擬授業や、導入校の学校関係者を中心とするパネル討論も実施。グローバル教育研究所は講演会を通じて、「地球村への10のステップ」について教育関係者を中心に広く知ってほしいとしている。

 定員は200名。教育関係者のほか、人材育成や教育に関わる企業・自治体の担当者、大学生などプログラムに関心があれば誰でも参加できる。申込みはメールもしくはFAXで受け付けており、先着順となっている。

◆グローバル教育研究所講演会
講演タイトル:第4次産業革命にマッチする「日本の教育」〜グローバル教育を家庭、学校、企業にどう取り入れるか?〜
日時:10月22日(土)13:00〜17:10(開場12:30)
会場:東京ウィメンズプラザホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
参加費:一般5,000円、学生1,000円
定員:200名(先着順)
申込方法:メールもしくはFAX

関連記事(外部サイト)