子どもたちと読書の楽しさを共有、日比谷でイベント10/16

子どもたちと読書の楽しさを共有、日比谷でイベント10/16

「わくわく文庫」で読書に励む生徒

 学習教材の日本コスモトピアは、子どもたちと読書の楽しさを共有するイベント「わくわく読書フォーラム2016」を10月16日に開催する。会場は、千代田区立日比谷図書文化館内の日比谷コンベンションホール。入場は無料だが、事前予約が必要となる。

 「わくわく読書フォーラム2016」は、子どもたちに読書習慣を身につけてほしい、読書の楽しさや大切さを共有したい、読書を通じて子どもたちの豊かな感性を引き出したい、という思いから、大人も、聴き、感じ、考えるイベント。一方的に子どもたちへ読書推進を促すのではなく、大人も子どもも、読書の楽しさや大切さを共有する場となっている。イベントのプログラムは、書道家の武田双雲氏による講演や、パフォーマンスも披露される。書道家だからこそ伝えたい、子どもたちの読書や学習についての話を聞くことができる。

 日本コスモトピアでは、「子どもたちに読書を好きになってほしい」「美しい日本語を知ってほしい」、との目的から「わくわく文庫」という読書支援教材システムを制作。2012年より年に1回、日本コスモトピア主催の「わくわく文庫読書感想文コンクール」を開催している。イベントでは、「第5回わくわく文庫読書感想文コンクール授賞式」も行われる。絵本作家の池田あきこ氏(代表作は「猫のダヤン」シリーズ)を審査員長に迎えて、感想文の審査のほかに、当日会場での講評も受けられる。

 また、「第1回子ども白熱会議(子どもパネルディスカッション)」を開催。小学校4年生〜6年生の子どもを対象に、朝日小学生新聞の指定の記事を読み、自身の意見や内容の要約を発表するという企画。ビデオ審査を通過した登壇者は、ゲストのモデレーターと白熱会議当日、指定記事に関する内容について、パネルディスカッションの形式で議論する。子どもたちに、未来社会に立ち向かい、積極的に自身の考えを発表・表現する機会づくりの場を提供する。

◆わくわく読書フォーラム2016
日時:2016年10月16日(日)12:00〜16:00
会場:千代田区立日比谷図書文化館内 日比谷コンベンションホール(大ホール)
参加費:無料
参加方法:Webサイトより事前に申し込む

関連記事(外部サイト)