ブロック形状の電子タグ「MESH」ワークショップ11/19

ブロック形状の電子タグ「MESH」ワークショップ11/19

これまでに開催したMESHワークショップのようす

 ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」は11月19日、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ「MESH(メッシュ)」のワークショップを開催する。参加費は無料だが、別途、入館料が必要。参加申込みは11月2日まで、Webサイトで受け付けている。

 ソニーの新規事業創出プログラムから生まれたMESHは、無線でつながる小さなブロック形状の電子タグ。これを組み合わせることにより、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても「あったらいいな」と思うloT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みを作ることができる。

 MESHワークショップは、「どうしたらもっと便利にできるか」「もっと面白くなるか」など、課題を見つけ解決する力を身に付けることを目的としている。これまでのワークショップでは、タグを使ってモーターを動かし、ゴミを捨てようとするとストローがじゃまをする「ゴミを捨てにくいゴミ箱」や、ゴミを捨てようと箱をあけると、大きな音がして写真を撮られ、LEDライトが光る「ゴミを捨てた人の写真を撮るゴミ箱」など、ユニークな作品が誕生している。

 対象は小学3年生〜中学3年生と保護者。1日2回開催され、各回10組20名、合計40名を募集している。Webサイトの予約フォームより11月2日まで参加申込みを受け付けており、応募者多数の場合は抽選となる。

◆「MESHワークショップ」〜身の回りのものが大変身?!みんなで「あったらいいな」をつくってみよう!〜
開催日:2016年11月19日(土)
開催時間:12:00〜14:00、15:30〜17:30(各回30分前に受付開始)
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス内「スタジオSES」
対象:小学3年生〜中学3年生の生徒と保護者
定員:各回10組20名、計40名
申込み:ソニー・エクスプローラサイエンスWebサイト、予約フォームより受付
締切り:2016年11月2日(水) ※応募者多数の場合は抽選
参加費:無料 ※別途、入館料が必要
入館料:大人(16歳〜)500円、小人(3〜15歳)300円

関連記事(外部サイト)