日テレ・ベレーザ選手が指導「駒沢女子大学サッカー教室」6/4

日テレ・ベレーザ選手が指導「駒沢女子大学サッカー教室」6/4

教室のようすイメージ

 駒沢女子大学は6月4日、平成29年度第1回「駒沢女子大学サッカー教室」を開催する。対象は、小学生女子。日テレ・ベレーザの選手と東京ヴェルディ普及コーチらが指導を行う。当日は、「ゴールキーパー向け教室」も同時開催される。参加費無料。

 駒沢女子大学と日テレ・ベレーザは、双方がホームタウンとする稲城市を中心とした地域社会への貢献、人材やリソースの交流による教育機会創出を目的とした連携を推進するため「コーポレートパートナー契約」および「パートナーシップ提携協定」を締結している。

 連携は平成22年より継続されており、この中で女子サッカーの普及ならびに地域貢献の一環として、小学生女子を対象とした「駒沢女子大学サッカー教室」を毎年開催している。小学生女子がトップレベルのサッカー技術を体験できる、貴重な機会となっている。

 募集人数は、小学1〜2年生、3〜4年生、5〜6年生のクラスでそれぞれ40名ずつ、ゴールキーパークラスでは4〜6年生、20名を募集する。応募多数の場合は抽選となる。

 日テレ・ベレーザは、1981年、読売サッカークラブの女子チームとして創部され、2000年より現在の名称となった。日本代表候補やU-20日本代表候補などを多数擁し、ワールドカップやオリンピックなどの世界大会にも選手を輩出する。昨シーズンは、なでしこリーグ2連覇を達成。日本代表「なでしこジャパン」に選出された岩清水梓選手や坂口夢穂選手、有吉佐織選手などが所属する女子サッカーの名門チームである

◆平成29年度第1回「駒沢女子大学サッカー教室」-日テレ・ベレーザの選手とサッカーをしよう!概要
日時:2017年6月4日(日)10:00〜13:30(9:45受付開始)※小雨決行
場所:学校法人駒沢学園グラウンド(東京都稲城市坂浜238番地)
対象:小学生女子
定員:小学1〜2年生クラス/40名、小学3〜4年生クラス/40名、小学5〜6年生クラス/40名、ゴールキーパークラス(小学4〜6年生)/20名 ※応募多数の場合は抽選
参加費:無料
持ち物:サッカーボール(4号球)、シューズ(アップシューズまたは固定式スパイク)、飲み物、タオル、帽子
申込期限:2017年5月28日(日)18:00まで
申込方法:専用の問い合わせフォームより申し込む ※当落については5月31日(水)12:00までにメールにて発表

関連記事(外部サイト)