子どもたちの創造性を高める「もとまち こども大学」神戸に開校

子どもたちの創造性を高める「もとまち こども大学」神戸に開校

もとまち こども大学

 大丸神戸店と神戸学院大学は6月より、小学生とその保護者を対象にさまざまな学びの機会を提供する「もとまち こども大学」を開校する。参加費は無料だが、材料費などがかかる場合もある。Webサイトより、先着順で申込みを受け付けている。

 もとまち こども大学は、「未来をつくる子どもたちの創造性を高めたい」という想いが込められた取組み。阪神・淡路大震災の再出発から20年を迎え、これからの「神戸」とともに歩む思いを新たにした大丸神戸店と、震災を教訓に地域に根差した活動を推進している神戸学院大学が協働で行う。

 講座は、6月初旬より随時開講。「めざせ!健康博士!!ココロもからだも元気になる食育レッスン」では、神戸学院大学栄養学部の太田淳子氏を講師に迎え、6月3日にさつまいもの苗を植える農業体験、11月11日にさつまいもの収穫体験を行う。

◆もとまち こども大学
対象:小学生とその保護者 ※必ず保護者同伴で参加する
参加費:無料(材料費などがかかる場合がある)

【めざせ!健康博士!!ココロもからだも元気になる食育レッスン】
募集期間:2017年5月20日(土)〜28日(日)
開催日時:
第1回2017年6月3日(土)13:00〜14:00
第2回2017年11月11日(土)10:30〜14:00
※いずれも雨天順延(翌日)
場所:8階みどりの広場、大丸アネックス10階文化教室
定員:先着20名
申込方法:Webサイトの応募フォームにて受け付けている

関連記事(外部サイト)