未来のくらしを想像しよう…ドコモの絵画コンクール、応募は9/8まで

未来のくらしを想像しよう…ドコモの絵画コンクール、応募は9/8まで

ドコモ未来ミュージアム

 NTTドコモは、全国の3歳から中学生を対象とした創作絵画コンクール「第16回 ドコモ未来ミュージアム〜みんなの想像力が、未来をつくる。〜」の作品募集を6月1日に開始した。9月8日まで、子どもたちが自由に想像した「未来のくらし」の絵画を募集する。

 「ドコモ未来ミュージアム」は、NTTドコモが2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うことや「こうしたい」と想像する未来の世界を自由な発想で描いた作品を募集する。

 2015年のコンクールには14万1,365作品の応募があり、これまでの応募総数は120万点を超えるという。これまで「動物の気持ちがわかる機械」「言葉が通じない国の人とも話せる電話」など、子どもたちが描いた未来のくらしが実現しているものもあり、創造力や思考力を伸ばす学びの場としても浸透しているという。

 対象は3歳から中学生まで。日本国内在住または在学中であれば国籍不問で応募可能。絵画部門のほかに、パソコンやタブレットなどを使って描いたデジタル作品を募集する「デジタル部門」も設ける。特設Webサイトでは、デジタル作品を描いて応募できるコンテンツも用意している。

 最優秀作品には文部科学大臣賞が贈られるほか、各都道府県から1団体が「学校賞」として選出される。なお、応募者全員には参加賞として「オリジナルドコモダケノート」が贈られる。募集期間は6月1日から9月8日。12月9日には東京で表彰式が開催される予定。

◆第16回 ドコモ未来ミュージアム〜みんなの想像力が、未来をつくる。〜
応募期間:2017年6月1日(木)〜9月8日(金)※締切日消印有効
応募対象:3歳から中学生(日本国内在住あるいは在学中の子ども、国籍不問)
応募部門:
【絵画部門】未就学児童の部/小学校1〜2年生の部/小学校3〜4年生の部/小学校5〜6年生の部/中学生の部
【デジタル部門】年齢別審査なし
結果発表:新聞紙上および「ドコモ未来ミュージアム」Webサイトにて発表予定
表彰式:2017年12月9日(土)予定
※応募方法や作品サイズ・画材など詳細についてはWebサイトで確認できる

関連記事(外部サイト)