【夏休み2017】首都大の化学実験教室、有機分解や色素作成など8/18

【夏休み2017】首都大の化学実験教室、有機分解や色素作成など8/18

高校生のためのオープンクラス「1日体験化学教室―化学への招待―2017」

 首都大学東京は、高校生向けのオープンクラス「1日体験化学教室―化学への招待―2017」を8月18日に開催する。光触媒での有機物の分解や合成色素の作成など、12課題の実験の中から興味のあるテーマ1つを体験できる。申込みは7月21日まで先着順で受け付ける。

 首都大学東京では、大学で行っている研究や実験を実際に高校生に体験してもらうことを目的に、高校生向けのオープンクラスを毎年実施している。2017年は、「1日体験化学教室―化学への招待―2017」と題し、都市環境学部分子応用化学コースおよび都市教養学部化学コースが12課題の化学実験の講義を実施する。

 実験は、「体に侵入した分子を認識する抗体」「光触媒:光のエネルギーで有機物を分解しよう」「合成色素を作ってみよう!!アゾ色素・オレンジ−IIの合成」「放射能・放射線を調べよう」「プラスミドDNAの精製と切断、分離を学ぼう」など12課題。各課題の詳細は6月下旬にWebサイトに掲載される予定。

 定員は140名で、参加費は無料。申込みは1人につき1通、Eメール、FAX、はがきのいずれかで受け付ける。締切りは7月21日だが、先着順のため早めの申込みが必要だ。参加決定者には7月下旬に実験テーマの希望調査票が送られ、回収・調整後、8月8日にWebサイト上で各実験の参加者の番号が発表される。

◆首都大学東京 高校生のためのオープンクラス「1日体験化学教室―化学への招待―2017」
日時:2017年8月18日(金)10:00〜16:00
場所:首都大学東京 南大沢キャンパス11号館204教室(東京都八王子市南大沢1-1)
対象:高校生
定員:140名(先着順)
参加費:無料
申込方法:1人につき1通、メール、FAX、官製はがきのいずれかに「首都大学東京1日体験化学教室参加申込書」と明記し、氏名・同フリガナ、生年月日(西暦)、学校名・学年、連絡先(郵便番号・自宅住所・電話番号)を記入のうえ申し込む
申込締切:2017年7月21日(金)必着

関連記事(外部サイト)