聖徳大、アートを楽しむ親子向け「アートパーク10」7/2

聖徳大、アートを楽しむ親子向け「アートパーク10」7/2

アートパーク10 ラブ&ピース大作戦

 聖徳大学は、公園全体を使ってアートな遊びを思い切り楽しむ幼児・児童・親子向けのイベント「アートパーク10 ラブ&ピース大作戦」を7月2日に開催する。参加費無料で、事前申込み不要。当日は、汚れても良い服装での来場がおすすめだ。

 アートパークは、聖徳大学と地域、行政が連携したアートプロジェクト。これまで公園の新たな活用法や外遊びの重要性を提案するイベントを開催している。聖徳大学の児童学のノウハウと地域団体とのコラボレーションによる相乗効果により年々参加団体も増え、2016年は14のワークショップを開催。1,874名の親子が参加し学生たちとアートな遊びを1日楽しんだという。

 10回目の開催となる今回は「ラブ&ピース大作戦」をテーマに、会場となる松戸中央公園全体を使ったアートプロジェクトを展開する。ダンボールを使った「ハッピーカミレオン」や「みんなのたからじま」、ペットボトルでロケットをつくる「ゴーゴー!うちゅうりょこう」など、ダンボールや新聞紙、絵の具を使った遊びなど、子どもたちの創造性を育む多くのワークショップを実施。そのほか、子ども向けの歌やダンスなどのコーナーも設置予定。

 参加は無料で、事前申込みも不要。親子で「思い切り遊べる」イベントのため、汚れてもいい服装での来場をすすめている。なお、雨天の場合は7月16日に延期される。

◆アートパーク10 ラブ&ピース大作戦
日時:2017年7月2日(日)10:00〜15:00
※小雨決行、雨天の場合は7月16日(日)に延期
場所:松戸中央公園(千葉県松戸市岩瀬487-1)
参加費:無料
申込方法:不要、入退場自由

関連記事(外部サイト)