【夏休み2017】みずほ銀行、金融を学ぶ「子どもサマー・スクール」

【夏休み2017】みずほ銀行、金融を学ぶ「子どもサマー・スクール」

みずほ銀行「子どもサマー・スクール」

 みずほ銀行は、小学4年生から6年生を対象に、銀行の職場体験などを通じて金融を学ぶ「子どもサマー・スクール」を7月と8月に開催する。6月16日現在、全国の39店舗で参加者を募集している。参加費は無料、事前申込みが必要。

 子どもサマー・スクールは、金融教育の支援と地域社会への貢献を目的に2011年度から開催。2016年度は、73のみずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券の支店で7月と8月に開催し、小学生を中心に約1,300名が参加したという。約2時間のプログラムでは、オリジナル名刺を使った名刺交換や職場体験、1億円の重さ体験、札勘体験などの金融教育を行った。

 6月16日現在、東北と関東、東海、北陸・甲信越、関西、九州の39店舗で参加者を募集している。参加者募集店舗一覧は、みずほ銀行のWebサイトに掲載されている。参加申込みは各店舗で受け付けており、必ず保護者が申し込むこと。

◆みずほ銀行「子どもサマー・スクール」
日時:2017年7月〜8月 店舗により異なる
会場:みずほ銀行の参加者募集店舗
対象:小学4年生〜6年生
参加費:無料
申込方法:希望の店舗へ保護者が問い合わせる

関連記事(外部サイト)