【夏休み2017】気になる花火当日の天気、可否情報もアプリでチェック

【夏休み2017】気になる花火当日の天気、可否情報もアプリでチェック

「花火大会アラーム」通知(イメージ)

 ウェザーニューズは6月28日、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花火天気 Ch.」で2017年の花火大会情報を公開した。「花火大会アラーム」では、事前に行きたい花火大会を登録すると、天気や開催可否情報をPUSH通知で受け取ることができる。

 「花火天気 Ch.」は、国内最大級の花火大会から市民レベルの花火大会まで、全国約1,200か所の花火大会情報を掲載している。「花火リサーチ」では、エリアや現在地、大会名、開催日、キーワードから花火大会を探すことができる。現在地からも検索できるので、急に思い立ったときでもGPS機能を利用して近くで行われる花火大会情報を入手できる。

 花火大会の詳細情報では、開催日時や場所のほか、アクセスや打上げ予定数、去年の人出、見どころなどを紹介している。また、花火大会の1週間前からは予報センターによる詳しい天気解説も見ることができる。花火大会は風・雷・雨などの天候による影響を受けやすいだけでなく、無事に開催される場合でも花火が煙に邪魔されてしまう場合もあるため、事前に風向きを調べておくことが花火大会をより楽しむためのポイントだという。

 さらに「花火大会アラーム」を利用すると、事前に登録した花火大会の前日に「当日の天気」、当日に「開催可否」をスマートフォンのPUSH通知で受け取ることができる。登録できる花火大会は5つまでで、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花火天気 Ch.」から登録できる。登録した花火大会は「花火天気 Ch.」内の「Myスケジュール」に表示されるので、詳細情報にも簡単にアクセスできる。

 このほか、「花火の豆知識」では花火鑑賞に最適な気象条件や場所取りのコツなど、花火大会にまつわる豆知識を掲載。打上げ花火や線香花火の撮影方法、男物・女物の浴衣の着付けもチェックできる。

関連記事(外部サイト)