【夏休み2017】足立区ギャラクシティ、映像制作やプログラミングワークショップ

【夏休み2017】足立区ギャラクシティ、映像制作やプログラミングワークショップ

ギャラクシティ

 東京都足立区にある体験型複合施設「ギャラクシティ」は夏休みの期間中、映像制作やプログラミング、3Dモデリングなどに挑戦するワークショップを開催する。参加は無料。対象は小学生から中学生まで。

 ギャラクシティは、「tecpot(テックポット) 〜まなべて、つくれるメディア工房」と「なつやすみSTEM CAMP!『デジタルきゃんばすのオリジナルゲームをつくろう!』」、2種類のワークショップを開催予定。

 「tecpot(テックポット) 〜まなべて、つくれるメディア工房」では、パソコンやカメラ、マイクなどの機材を自由に使い、プログラミングや音楽・映像制作、デザイン、3Dモデリングなどを体験できる。7月26日までの実施分はすでに申込みを締め切っているが、7月5日からは新たに8月2日以降の実施回の受付をスタートする。参加は無料。コンテンツの提供や協力は、山口情報芸術センターが担う。

 「なつやすみSTEM CAMP!『デジタルきゃんばすのオリジナルゲームをつくろう!』」では、プログラミング言語学習環境である「Scratch(スクラッチ)」などを用いて、体の動きをコントローラーにして遊べるギャラクシティの人気コーナー「デジタルきゃんばす」のオリジナルゲームを制作できる。実施日は8月3日から5日までの連続する3日間。すべての日程に参加できる小中学生15人を募集する。参加を希望する場合は、7月10日まで往復はがきで申し込むこと。なお、同ワークショップはCANVASとセールスフォース・ドットコムのボランティア社員が協力する。企画協力は国際ゲーム開発者協会日本の理事を務める高橋勝輝氏。

 詳細はすべてギャラクシティのWebサイトで確認できる。ギャラクシティは、東京都足立区の西新井文化ホールを含む体験型複合施設。入館料は無料だが、まるちたいけんドーム(プラネタリウム)のみ有料。

◆tecpot(テックポット) 〜まなべて、つくれるメディア工房
日程:各回14:30〜16:30
2017年8月2日(水)受付開始は7月5日(水)から
2017年8月9日(水)受付開始は7月12日(水)から
2017年8月16日(水)受付開始は7月19日(水)から
2017年8月19日(土)受付開始は7月22日(土)から
2017年8月23日(水)受付開始は7月26日(水)から
2017年8月30日(水)受付開始は8月2日(水)から
場所:ギャラクシティ内 わーくしょっぷスタジオ/ものづくりガレージ
定員:各回10人
対象:小学生・中学生
参加費:無料
申込方法:各回4週前の日より電話で予約可能
(定員に達していない場合、当日会場での受付も可能)
申込時間:9:00〜20:00(休館日を除く)
(1階図書受付カウンターへ電話すること ※1回の申込みで1家族まで)

◆なつやすみSTEM CAMP!「デジタルきゃんばすのオリジナルゲームをつくろう!」
日程:2017年8月3日(木)〜5日(土)各日13:00〜17:00
対象:足立区住在・在学の小学4年生〜中学生
応募資格:日程3日間すべてに参加できること
定員:15人
参加費:無料
申込方法:往復はがきで事前に申し込むこと
申込締切:2017年7月10日(月)必着

関連記事(外部サイト)