京大、高校生対象「見えない放射線を光らせる」応募締切10/31

京大、高校生対象「見えない放射線を光らせる」応募締切10/31

ひらめき☆ときめきサイエンス2017「見えない放射線を光らせる」

 京都大学放射性同位元素総合センターは11月23日、ひらめき☆ときめきサイエンス2017「見えない放射線を光らせる」を開催する。対象は高校生。申込みを10月31日までメールにて受け付けている。参加費は無料。

 日本学術振興会による「ひらめき☆ときめきサイエンス」は、大学や研究機関で「科研費」により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生や中学生、高校生が、直接見る、聞く、触れることで、科学の面白さを感じてもらうためのプログラム。全国の大学や研究機関で、科学の楽しさや難しさ、不思議に触れられる、さまざまなプログラムが行われている。

 京都大学放射性同位元素総合センターでは、11月23日に高校生を対象とした「見えない放射線を光らせる」を開催する。放射線の専門家による放射線計測の原理に関する講義を受けられるほか、プロ用の測定機器を使ったデモや、特殊な材料を用いて放射線を光らせる工作実習も体験できる。

 高校生対象だが、保護者の見学も可能。申込みは、10月31日までメールにて受け付ける。

◆ひらめき☆ときめきサイエンス2017「見えない放射線を光らせる」
日時:2017年11月23日(木・祝)12:30〜16:30
場所:京都大学放射性同位元素総合センター分館(京都市左京区北白川追分町)
対象:高校生(保護者見学可)
定員:20名
費用:無料(交通費は自己負担)
申込方法:メールにて受け付けている
申込締切:2017年10月31日(火)

関連記事(外部サイト)