【夏休み2017】リニモに乗ってキオクをたどる…謎解きゲーム8/19-9/3

【夏休み2017】リニモに乗ってキオクをたどる…謎解きゲーム8/19-9/3

愛知県「リニモとキオク」リニモ沿線リアル謎解きゲーム

 愛知県は8月19日から9月3日にかけて、磁気により浮上して運行する交通システム「リニモ」と沿線地域を舞台としたリアル謎解きゲーム「リニモとキオク」を開催する。沿線の公園や博物館をめぐってヒントを探し、謎を解き明かしながら沿線の魅力を探る。

 名古屋市名東区藤が丘と豊田市八草町を結ぶ東部丘陵線・愛称「リニモ」は、平成14年に日本で初めて走行した磁気浮上タイプのリニアモーターカー。愛知県はリニモの乗車や沿線の活性化を目的に、夏休みの期間にあわせ沿線を舞台としたリアル謎解きゲームを開催する。

 参加キットはリニモ各駅に設置されたパンフレットラックや、沿線施設の長久手市郷土資料室、トヨタ博物館、愛・地球博記念公園で配布予定。キットを入手したら、謎が書かれたパネルの設置場所へ向かい、駅や施設でパネルを見つけて謎解きをする。リニモを「時空間移動車両」として、時空を超えて「ヒミツ」に関わる「キオク」へアクセスするという設定だ。

 パネルの設置場所は、長久手古戦場駅の「古戦場公園長久手市郷土資料館」や芸大通駅の「トヨタ博物館」、愛・地球博記念公園駅の「愛・地球博記念公園」など。リニモ車内にも謎が隠されている。

 最終回答が正解した参加者には、藤が丘駅など3か所のゴール駅で先着3,000名に記念バッジがプレゼントされる。参加費は無料だが、交通費は各自負担。イベントWebサイトでは、大人800円、子ども400円の「リニモ1日乗車券」の利用を勧めている。

 今後は、より難易度を上げた謎解きゲームの開催が12月に予定されている。

◆「リニモとキオク」〜東部丘陵線沿線地区のキオクに秘められた謎を解き明かせ!〜
開催期間:平成29年8月19日(土)〜9月3日(日)※各施設休館日あり
開催場所:東部丘陵線(リニモ)と沿線地域
参加費:無料 ※交通費は各自負担
持ち物:筆記用具
参加キット配布場所:リニモ各駅のパンフレットラック、沿線施設
ゴール受付時間:期間内の10:00〜18:00
ゴール駅:藤が丘駅、愛・地球博記念公園駅、八草駅

関連記事(外部サイト)