数学のお祭り「MATH POWER 2017」新企画続々…ニコファーレ10/7・8

数学のお祭り「MATH POWER 2017」新企画続々…ニコファーレ10/7・8

「MATH POWER 2017」

 ドワンゴは10月7日と8日、同社の出版ブランド「アスキードワンゴ」と、大人向け数学教室を展開する「すうがくぶんか」、「和から」の3社と共働で「MATH POWER 2017」を開催する。会場は六本木のニコファーレ。数学者の加藤文元氏による特別講演のほか、巨大合体ナンプレの登場や「素数大富豪」大会の実施など、数学と社会の関わりをテーマにした数学づくしのお祭りだ。参加費は各日1,000円(税別)。

 「MATH POWER」の開催は2017年で2度目。「数学の楽しみ」や「数学と社会の関わり」とは何かを考えることを目的に、数学者や算数・数学ファンが集う場を創出する。2016年の初開催時は平日開催だったが、多くの要望に答え、今回は土日での開催が決定した。

 2017年は、著名数学者であり、東京工業大学理学院数学系教授である加藤文元氏が登壇し、特別講演「ABC予想と新しい数学」を行う。中高生も理解できるよう、「ABC予想とIUT理論」について、また、その斬新さについて解説する予定。出演者や講演テーマは後日、Webサイトで詳細が公開される見込み。

 数学者の講演会のほか、正p角形(pは素数)としては最大の「正65537角形」の作図に挑戦する耐久企画のほか、1.5メートル×6メートルの巨大合体ナンプレを会場内に設置し、イベント時間内で解くイベントなど、期間中は多数の企画を用意。

 このほか、ルネッサンス時代のイタリアで行われていたという「数学の決闘」、数学ファンの間で話題の「素数大富豪」大会なども開催。一部イベントの参加条件などは「MATH POWER 2017」の特設Webサイトで公開予定。

 イベント参加費用は各日1,000円。チケットはイベントチケット購入サイトPeatixから購入できる。なお、イベントのようすはニコニコ生放送で中継予定。視聴者は「TeX書式の数式のコメントの書き込み」が可能になるという。

◆MATH POWER 2017
日程:2017年10月7日(土)〜8日(日)(途中退出・再入場可)
※終始時間は特設サイトで随時発表予定
参加費:各日1,000円(税込)
※通しチケットなし、1日ずつの販売
企画内容:
・有名数学者たちの講演会
・耐久企画「正65537角形」の作図に挑戦
・1.5m×6m巨大合体ナンプレ
・「素数大富豪」大会
・数学の決闘
※ユーザー参加型企画(参加者は特設サイトで募集する)
・お笑い数学教室
・数学俳句
・ロマンティック数学ナイト 〜ニコニコ生放送出張バージョン〜

関連記事(外部サイト)