国立天文台三鷹の特別公開イベント「星と宇宙の日」10/13・14

国立天文台三鷹の特別公開イベント「星と宇宙の日」10/13・14

三鷹・星と宇宙の日2017

 国立天文台三鷹の特別公開イベント「三鷹・星と宇宙の日2017」が、10月13日・14日の2日間開催される。国立天文台三鷹キャンパスをはじめとする3施設を会場に、施設公開や講演会、天体観望会などさまざまなプログラムが行われる。申込み不要、入場無料。

 「三鷹・星と宇宙の日」は、国立天文台、アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学院大学天文科学専攻の特別公開として毎年開催されているイベント。国立天文台の本部でもある三鷹キャンパスと、隣接する東京大学天文学教育研究センター、三鷹市星と森と絵本の家の3施設を会場に、三鷹地区全体で天文学や宇宙に関することを身近に感じてもらえるような企画を実施する。2016年は4,500人を超える来場者が参加したという。

 2017年のテーマは「冷たい宇宙・熱い宇宙」。10月13日はプレ公開として、一部の施設公開や展示、ミニ講演会、天体観望会など限定的な規模で開催する。10月14日の本公開では、講演会をはじめ、おもな観測・実験施設の公開、展示、研究紹介、天体観望会、スタンプラリー、工作、実験など、より多くのイベントが行われる。

 講演会では、東京大学天文学教育研究センターの宮田隆志教授による「チリ・アタカマから観る『暖かな』宇宙」のほか、チリ観測所・長谷川哲夫特任教授による「アルマ望遠鏡が見つめる冷たい宇宙」、SOLAR-C準備室・鹿野良平准教授による「宇宙から観る熱い太陽コロナの姿」の3講演を実施。テーマに沿った天文学研究の最前線を紹介する。

 イベントは参加無料、事前申込み不要。当日誰でも気軽に参加できる。なお、講演会場には定員があるため入場制限する場合がある。天体観望会は雨天の場合中止。Webサイトでは、各日の開催プログラムやタイムテーブルを順次公開予定だ。

◆三鷹・星と宇宙の日2017
日時:2017年10月13日(金)14:00〜19:00、10月14日(土)10:00〜19:00
会場:国立天文台三鷹、東京大学天文学教育研究センター、三鷹市星と森と絵本の家(東京都三鷹市大沢2-21-1)
入場料:無料、事前申込み不要

関連記事(外部サイト)