「教えて!宇宙で活動する技術」横浜市内の小学生100名募集…9/30まで

「教えて!宇宙で活動する技術」横浜市内の小学生100名募集…9/30まで

ジュニアセミナーin横浜「教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界」

 横浜市は10月7日、横浜市内の小学生を対象とした次世代育成事業として「教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界」を実施する。市内在住・在学の小学生100名の参加を9月30日まで募集する。

 「教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界」は、第57回日本核医学会学術総会・第37回日本核医学技術学会総会学術大会が主催する、横浜市の小学生に向けたジュニアセミナー。

 当日は、火星で活動するにはどうしたらいいのか、放射線とは何かなどを知ることのできる小学生向けのプログラムの実施が予定されている。講演はまず、横浜国立大学大学院環境情報研究院から講師に上野誠也氏を迎え、「宇宙で活動するための技術〜2040年火星探査の旅〜」をテーマに講演を行う。

 また、横浜市立大学附属病院放射線科・放射線部が担当する「“放射線”の使い方〜病院編〜」や「画像検査でアレコレ見てみよう!」といったレクチャーやワークショップを実施する。

 対象は、横浜市内在住または在学の小学生100名。参加児童1名につき、保護者1名まで同伴可能。参加費は無料。応募者多数の場合は抽選となる。9月30日まで、横浜市文化観光局のWebサイトから申し込むこと。セミナー終了後には、修了証と記念品の贈呈が予定されている。

◆教えて!宇宙で活動する技術、放射線が見せる世界
日時:2017年10月7日(土)14:00〜16:00(13:30開場)
会場:パシフィコ横浜 会議センター3階301
対象:横浜市内在住・在学の小学生
定員:100名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料
申込方法:横浜市文化観光局Webサイトの電子申請システムより申し込む
申込締切:2017年9月30日(土)

関連記事(外部サイト)