現役国立大生も参加、大学改革シンポジウム11/17

現役国立大生も参加、大学改革シンポジウム11/17

第16回大学改革シンポジウム「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」

 国立大学協会は11月17日、第16回大学改革シンポジウムを一橋講堂で開催する。テーマは、「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」。高等教育関係者や学生、一般などが対象。参加費は無料。Webサイトより申込みを受け付けている。

 日本の18歳人口は、2040年ごろには現在の3分の2まで減少すると推計されている。一方、産業、社会構造の変化や、グローバル化の急速な進展に対応できる人材へのニーズが高まっている。

 シンポジウムでは、日本の教育改革において国立大学が主体的に果たすべき役割などについて議論を深め、国立大学の強みを生かし、将来の日本を支え、社会に貢献する人材育成に寄与する姿勢を広く社会に発信する。

 社会と協働する教育に焦点を当て、総合司会は現役国立大学生が担当。リアセックキャリア総合研究所の角方正幸所長は、「社会が大学に求める人材育成」をテーマに基調講演を行う。

 さらに、積極的な取組みを行っている福井大学、新潟大学、長岡技術科学大学、インターンシップを受け入れている凸版印刷による事例発表や、現役国立大学生も参加するパネルディスカッションも予定されている。

 参加費は無料。定員は300名となっており、Webサイトより申込みを受け付けている。締切りは11月6日だが、定員に達した場合は受付を締め切ることもある。

◆第16回大学改革シンポジウム「社会で活躍する人材育成(国立大学と社会をつなぐ)」
対象:高等教育関係者、大学生、一般など
日時:平成29年11月17日(金)13:30〜17:00
会場:学術総合センター 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
定員:300名
参加費:無料
申込方法:Webサイトより受け付けている
申込締切:平成29年11月6日(月) ※定員に達した場合は受付を締め切ることがある

関連記事(外部サイト)