アオバアリガタハネカクシ、通称『やけど虫』の被害が全国各地で続出

記事まとめ

  • 夏に発生する虫の健康被害で最近話題の"やけど虫"全国各地で被害が続出しているという
  • やけど虫の正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」で、およそ7mmほどの昆虫
  • 触れると、水泡ができ、やけどの痕のようになり、これがやけど虫の名の由来だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております