妊娠中はリスク3倍!? 山田ローラを襲ったベル麻痺とは

妊娠中はリスク3倍!? 山田ローラを襲ったベル麻痺とは

妊娠中はリスク3倍!? 山田ローラを襲ったベル麻痺とはの画像

ラグビー日本代表選手・山田章仁さんの妻である山田ローラさんが双子の子どもを妊娠し、「ベル麻痺」という原因不明の病気にかかり、顔半分が動かないことを告白して話題になりました。現在は、顔を動かせる程度まで回復したということですが…ベル麻痺とは一体どんな病気なのでしょうか?

妊娠でリスク大!? 顔面の麻痺が続くベル麻痺
日本神経治療学会が発表した『標準的神経治療:Bell麻痺』によるとベル麻痺は1年で人口10万人あたり、約20人が発症するそうで、決して珍しい病気ではないといいます。妊婦は、非妊娠女性に比べ3倍発症しやすく、突然顔の動きが悪くなって、顔がゆがんだ状態になり、ベル麻痺だと気づくそうです。おもな症状は以下の通り。

・顔の片側が動かしにくくなる
・瞬きができなくなる
・額のしわ寄せができなくなる
・口角が下がり、口元から水が漏れる

上記の症状以外にも、味覚がおかしくなる、聴覚が過敏になる…といった症状が表れる可能性も。気をつけなければいけないのが、瞬きができなくなること。目が乾き、角膜に傷がつきやすくなるので、目薬は必須。眼帯をすることで目の保護ができるらしいです。麻痺している側の耳の後ろに水泡ができていたら、帯状疱疹による顔面神経麻痺の可能性が高いのだとか。すぐに耳鼻科、神経内科などを受診しましょう。


症状が表れたらまずは検査
顔が麻痺する病気は様々。なかでも、脳こうそくや脳腫瘍など脳の病気ではないことを、MRIやCT検査で確認することが必要です。その他、顔の麻痺する病気とも区別するために様々な検査をし、それでも原因が不明な場合にベル麻痺という診断になるそう。

後遺症が残る可能性アリ 早期の内服治療が必要
ベル麻痺は後遺症が残るかもしれない病気。早期に内服治療を行うのが効果的です。麻痺が軽度の場合は、大半の人は1〜2カ月で完治するそうですが、麻痺が高度な場合、治癒率は80〜90%程度で、麻痺が長期間残ったり、けいれんなどの後遺症が残る可能性もあるのだとか。麻痺し始めた最初の1〜2週間は、無理に顔の筋肉を動かそうとせず、蒸しタオルなどで顔を温め、血流を良くするのが良いといわれています。

後遺症を残さないためにも、顔の筋肉がおかしいと思ったら、早めに病院へ。耳鼻科や、耳鼻咽喉科、脳外科、神経内科がおもに治療を行うそうなので、そちらを受診しましょう。
(文・山本健太郎/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』

※当記事は2016年09月27日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)