食いしばりはストレスから起こるって本当?

食いしばりはストレスから起こるって本当?

睡眠中は、無意識のうちに食いしばってしまっていることもあるとか。そうならないように、日頃からストレスはためないようにしたいものです 写真:xiangtao/PIXTA(ピクスタ)

仕事をしていて、ふと歯を食いしばっていることに気付いた経験がある人も多いでしょう。食いしばりは、歯とその周りの組織が炎症を起こしている状態である「歯周病(歯槽膿漏)」につながるとも聞きます。そこで、食いしばりとストレスの関係について池袋かおりクリニックの歯科医・今野香織医師に聞きました。

「食いしばりは確かにストレスが原因で起こります。特に夜寝ている時に、無意識のうちに食いしばっている場合もあり、歯には自分の体重と同じくらいの力がかかっているともいわれているのです。ただし、なぜストレスによって食いしばってしまうのかはわかっていません」

食いしばりを続けることによって、歯にはどんな影響があるのでしょうか?

「歯周病や歯肉炎がもともとある場合には、歯に負担がかかるため、症状を悪化させてしまいます。また、無意識にあごの筋肉を使っていることになるので、エラが張ってしまったり、肩こりや偏頭痛を引き起こしてしまったりすることも。女性に多いといわれる顎関節症の原因にもなります」

さらに、食いしばりがひどい場合には、歯や治療で入れた詰め物が割れたり、ひびが入ったりすることもあるのだとか。

「歯と歯茎の境目が剥がれてしまうこともあります。それによって歯がしみるなどの症状が出る“知覚過敏”になることもありますね」

では、食いしばりを防ぐには、ストレスを溜めない以外に方法はないのでしょうか?

「寝ている時に食いしばるのは防ぎようがないので、マウスピースを入れて歯への負担を和らげるしかありません。また、起きている時にも、夢中で作業をしている時などに食いしばっていることがあるので、できるだけ意識して食いしばらないようにすることが大切です」

マウスピースは保険が適用される治療法なので、あごの痛みなどに悩んでいる方は、一度歯科医に相談してみるといいでしょう。また、日中食いしばりがちな人は、目に付くところに「食いしばらない」などと書いて張っておくだけでも効果的だそうです。

(相馬由子)



※当記事は2016年10月06日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。

関連記事(外部サイト)