大学・大学院卒の男性の生涯賃金は1997年の2億9250万円を頂点に約3千万円減 

記事まとめ

  • 60歳まで働いた人が平均的にもらえる生涯賃金は1990年代半ばをピークになだらかな減少
  • 大学・大学院卒の男性は1997年の2億9250万円を頂点に2009年には2億5180万円に
  • その後は停滞し、直近の2014年は2億5890万円に微増しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております