サランラップで知られる旭化成が、京都大学発のベンチャー企業と電気自動車を開発 

記事まとめ

  • サランラップで知られる化学メーカーの旭化成が電気自動車を開発した
  • 車体には金属の代わりに繊維に樹脂をまぜた素材を使用し、強くて軽い自動車を実現
  • 開発できた秘密は京都大学発の電気自動車のベンチャー企業「GLM」の存在だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております