京都祇園祭の山鉾巡行が3年ぶりに実施!

京都祇園祭の山鉾巡行が3年ぶりに実施!

(前祭)鶏鉾・月鉾

日本三大祭のひとつとされる、京の夏を代表する祇園祭。千年以上の歴史を持ち、7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1か月にわたって多彩な祭事が行われる八坂神社の祭礼だ。なかでも17日(前祭)と24日(後祭)の山鉾巡行には大勢の人々が訪れ、京のまちは祭りの熱気に包まれる。

コンチキチンの祇園囃子が夏空に響き、山や鉾が通りをゆく山鉾巡行は、祇園祭のハイライト! 今夏3年ぶりに復活する。前祭は23基の山鉾が四条烏丸から、後祭は11基の山鉾が烏丸御池から出発。美しい刺しゅうや舶来の織物など山や鉾の懸装品と呼ばれる装飾品の美しさも見事で、豪華絢爛、「動く美術館」とも呼ばれる一大ページェントが繰り広げられる。

御池通には、この山鉾巡行を安心・安全にゆっくりと堪能できる有料観覧席を設置。一般席のほかに、まなび席(専用ガイドのイヤホン解説付き)も設けられる。チケットは発売中。数に限りがあるのでご購入はお早めに!

【特設サイト】
巡行ルートや観覧席見取図など詳細はこちらから
https://ja.kyoto.travel/event/major/gion/

関連記事(外部サイト)