待望の新バージョン!「BLUE MAN GROUP WORLD TOUR」好評上演中

待望の新バージョン!「BLUE MAN GROUP WORLD TOUR」好評上演中

「BLUE MAN GROUP WORLD TOUR」

2007年から東京での4年間のロングランで述べ1,388公演、80万人を動員した、異次元のアート・パフォーマンス・エンターテインメント「BLUE MAN GROUP」。惜しまれながらも、2012年3月31日に東京での千秋楽を迎えたが、これまで、世界38都市をツアーしてきた「BLUE MAN GROUP WORLD TOUR」が待望の初上陸。東京、名古屋、大阪を巡演するJAPANツアー初日を、東京・EX THEATER ROPPONGIにて、新元号令和元年の初日5月1日にスタートした。

ショウの冒頭で魅せるブルーマンの象徴として長く愛されている「ペイントドラム」で、音楽とともに作られる“前衛アート”。この5月1日の公演限定で、キャンバスには「令和」の文字が浮きだされ、気づいた客席から歓声が上がる場面も。新元号のお祝いムードに華を添えた演出となった。

過去の東京の公演でも観られた人気の演目も観ることができるが、それぞれがバージョンアップされ、初めてブルーマンを体験する人はもちろん、過去にブルーマンを体験した来場者も、興奮を抑えられない様子。初日は、オフィシャルサポーターであるブルゾンちえみ、withBこと、ブリリアンのダイキ、コージも観劇。昨年末にラスベガスで観劇をしたブルゾンちえみも「ベガスとはまた違う、これが日本バージョンになっているんだ!と、観たこともないのもたくさんあったし、東京初日、すっごく楽しめました!」と語った。

ツアーは6月2日(日)まで東京・EXシアター六本木、6月6日(木)から9日(日)まで名古屋・愛知県芸術劇場、6月12日(水)から16日(日)まで大阪・オリックス劇場で上演。なお、5月30日(木)に追加公演が決定している。 いずれもチケットは現在発売中。