「くまモン電車」大阪環状線で運行へ 車体と車内広告で熊本をPR

「くまモン電車」大阪環状線で運行へ 車体と車内広告で熊本をPR

大阪環状線で運行されるラッピング列車のイメージ(画像出典:JR西日本)。

2016年9月〜10月、熊本県と同県観光連盟、JR西日本が「くまもと観光復興支援キャンペーン『RE:SMILE』」を展開。その一環として、車体や車内広告を「熊本×くまモン」で埋め尽くすというラッピング列車が、大阪環状線で運行されます。

車体にくまモンからのメッセージ

 熊本県と公益財団法人熊本県観光連盟、JR西日本は2016年9月1日(木)、「くまもと観光復興支援キャンペーン『RE:SMILE』」を開始。その一環として9月23日(金)からラッピング列車を運行します。

 大阪環状線の1編成を使用。全車両の車体と車内広告が「熊本×くまモン」で埋め尽くされるといいます。車体は天草の青と阿蘇の緑をイメージし、熊本県の“営業部長兼しあわせ部長”を務めるキャラクター「くまモン」を、「びっくりする絶景が待ってるモン!」「あったかい名湯が待ってるモン!」などといったメッセージとともにデザイン。車内は、熊本の観光やグルメを紹介する広告が掲出されます。

 キャンペーン期間は10月31日(月)まで。ラッピング列車のほかにも大阪駅の御堂筋口改札外コンコースでのデジタルサイネージ(10月30日まで)をはじめ、ポスター、車内吊り広告、パンフレットなどを順次活用して熊本がPRされます。9月24日(土)、25日(日)には大阪ステーションシティ(大阪市北区)にて、観光PRや物産販売、くまモンのステージイベントなどが行われる予定です。

関連記事(外部サイト)