K1横羽線と第三京浜をつなぐ首都高「K7横浜北線」、2017年3月開通

K1横羽線と第三京浜をつなぐ首都高「K7横浜北線」、2017年3月開通

第三京浜の港北ICと接続する横浜港北JCT。ここと東名高速の横浜青葉ICを結ぶ長さ約7.1kmの「横浜環状北西線」も建設中(写真出典:首都高速道路)。

建設が進められている首都高K7横浜北線が、2017年3月に開通します。K1横羽線の生麦JCTと第三京浜に接続する横浜港北JCTを結ぶおよそ8.2kmの路線で、そのおよそ7割がトンネル区間になります。

開通区間の約7割がトンネル

 首都高速道路は2016年9月9日(金)、建設中の「首都高速神奈川7号横浜北線」が、2017年3月に開通すると発表しました。

 この路線はK1横羽線とK5大黒線が交わる生麦JCT(横浜市鶴見区)と、第三京浜の港北ICに接続する形で新設される横浜港北JCT(同、都筑区)を結ぶ長さ約8.2kmの道路です。途中には岸谷生麦出入口と新横浜出入口が設けられます。なお、馬場出入口は道路開通以降も引き続き工事が進められます。

 開通区間のおよそ7割を占める「横浜北トンネル」(長さ約5.9km)は、道路トンネルとしては横浜市内最長。また、鶴見川と大熊川の合流部付近に架かる「大熊川トラス橋」(長さ158m)は、上下2層形式の単径間トラス橋としては日本最長です。

 首都高速道路では、K7横浜北線の開通により、新横浜から羽田空港までの所要時間が、現在の三ッ沢経由の40分から30分に短縮すると試算しているほか、新横浜地区の商業施設やイベント施設へのアクセス向上などが見込まれるとしています。

関連記事(外部サイト)