四日市市に鉄道愛好者の賞 廃線の危機、ハンデ乗り越え

四日市市に鉄道愛好者の賞 廃線の危機、ハンデ乗り越え

2016年の「ローレル賞」を受賞した四日市あすなろう鉄道の新260系。その祝賀列車の出発式(2016年8月、伊原 薫撮影)。

三重県四日市市が、鉄道愛好者の団体「鉄道友の会」から「ローレル賞」を受賞しました。なぜ自治体へ賞が贈られたのでしょうか。ローカル線廃止の話題が少なくない昨今、同市が行ったことが、少なからず影響しているかもしれません。

「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」

 毎年多くの新型車両がデビューする日本の鉄道。そのなかで、特に優れた技術やデザイン、接客設備を取り入れた車両に対し、鉄道愛好者の団体「鉄道友の会」が毎年贈っているのが「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」です。前者は同会会員による投票結果が重視されるのに対し、後者は選考委員会による選考。そのため、どちらかというと特急車両などの“花形”には前者が、華やかさはなくとも技術的に特筆すべき車両には後者が贈られることが多くなっています。

 2016年、両賞の候補になった車両は、前年のうちに営業運転を開始した14形式。そのなかで、「ブルーリボン賞」には「ジェット・シルバー5700」の愛称を持つ阪神電気鉄道の通勤型電車5700系が、そして「ローレル賞」にはJR東日本のディーゼルハイブリッド車両HB-E210系とともに、三重県四日市市内を走る四日市あすなろう鉄道の新260系電車が選ばれました。

 近鉄四日市駅に隣接する、あすなろう四日市駅で2016年8月20日(土)に行われた授賞式には、「鉄道友の会」の須田会長や柚原選考委員長らが出席。鉄道ファンや利用者が見守るなか、四日市あすなろう鉄道の都司社長と四日市市の田中市長へ、賞状と記念の楯を贈呈しています。

 授賞理由について須田会長は「厳しい経営状況や線路幅が狭いナローゲージというハンデを乗り越え、快適に利用できる新車を投入したのは素晴らしい。廃線の危機を乗り越えて公共交通を守ってきたという点、地域が『マイレール意識』を持って鉄道を支えていることにも敬意を表し、『ローレル賞』を贈呈したい」と説明しました。

 また受賞した四日市あすなろう鉄道の都司社長は「鉄道事業者にとってはこのうえない喜び。9月には地元の高校生がデザインした車両をデビューさせるなど、より利用者に近い鉄道になれるよう今後も精進していく」、田中市長は「『地域に貢献する鉄道』という評価が嬉しい。この鉄道は四日市の発展のシンボルともいえる。これからも地域に愛され、貢献できるよう努力していきたい」と述べました。

なぜ自治体が鉄道趣味の賞を?

 授賞式で「鉄道友の会」の須田会長は「廃線の危機を乗り越え……」と話しました。通常は鉄道事業者が受賞する「ローレル賞」ですが、今回、地元自治体の四日市市にも贈られたのは、四日市あすなろう鉄道ならではの理由があります。

 同鉄道の内部・八王子線は、もともと大手私鉄の近畿日本鉄道(近鉄)が運営していました。ところが、この路線は前述のとおり「ナローゲージ」といって線路の幅が狭く(近鉄の南大阪線系統や一般的なJR在来線は線路の幅が1067mmなのに対し、四日市あすなろう鉄道は日本で数少ない762mm)、車両をはじめさまざまな施設が“規格外”なため、ほかの路線よりも保守などの経費がかかり、老朽化した車両や施設の更新も難しい状況に。乗客の減少もあり、近鉄はバス転換する方針を決定しました。

 これに対し、地元の四日市市は鉄道での存続を希望。1年以上にわたる協議の結果、四日市市が車両や線路、駅といった施設を保有し、市と近鉄が設立した「四日市あすなろう鉄道株式会社」がその施設を借りて営業するという「公有民営方式」での存続が決まりました。つまり、このたび「ローレル賞」を受賞した新260系電車は、所有者は四日市市、それを借りているのが四日市あすなろう鉄道ということになるため、両者の受賞になったのです。

 この「公有民営方式」はいま、地方の鉄路を守る方法のひとつとして、岩手県の三陸鉄道や滋賀県の信楽高原鐵道、鳥取県の若桜鉄道など各地で導入されており、2015年4月から近鉄に代わり列車の運行を始めた四日市あすなろう鉄道もそのひとつ。自治体と鉄道会社が一体となって市民の足を守り、その沿線や利用者が希望に満ちた明日になることを目ざして、今日も走り続けています。

初の冷房 「ローレル賞」受賞の新260系電車、そのポイント

 さて、「ローレル賞」を受賞した新260系電車の特徴として、接客面での大幅なグレードアップがあげられます。具体的には、なんといっても同鉄道で初めての冷房車という点です。いまでは当たり前の設備ですが、同鉄道は線路幅がとても狭く、車体の横幅や長さも一般的な在来線車両の4分の3ほどで、冷房装置を積むスペースがありませんでした。しかし新型車両では様々な工夫を凝らし、床置き式の冷房装置を搭載。同時に窓ガラスもUVカットガラスへと変更され、猛暑だった今年、利用者にとって“うれしい変革”となりました。

 冷房装置以外にも、最新の取り組みがあります。車端部には大型液晶モニタを取り付け、運賃や次駅案内を表示。これらは車内放送と連動していて、従来は決められた場所で運転士がボタンを押していたのですが、新型車両ではGPSによって列車の位置を把握し、その場所を通過すると自動で切り替わるようになりました。利用者だけでなく、運転士にも“やさしく”なっているのです。

 そのほか、座席の座ぶとん部分を厚くして座り心地を改善したり、緊急時の通報装置も備えるなど、快適に利用するための装備を充実。細かいところでは、座席の背もたれにある手すりがハート形になりました。これは単に可愛らしさを狙ったのではなく、2人が同時に握れるような形に工夫した結果なのだとか。逆に、天井が低いため頭にぶつかることもあったつり革は扉部分をのぞいて撤去され、車内はスッキリした印象となりました。

 この新260系は、昨年デビューした白+青色の第1編成に引き続き、今年9月には第2編成がデビュー予定。こちらは先述のとおり、地元の高校生がデザインしたカラーリングで、下半分が黄緑色になっています。第1編成もいずれ黄緑色になるそうで、現在の青色が見られるのはいまのうちです。

【写真】足が向かいに届きそうなナローゲージの電車

関連記事(外部サイト)