井の頭線、その数奇な運命 物語るは明大前のとある「遺構」

井の頭線、その数奇な運命 物語るは明大前のとある「遺構」

明大前駅の吉祥寺駅寄りには、もうひと複線の線路を敷くことができる程度のスペースがある(2016年9月、太田幸宏撮影)。

渋谷と吉祥寺を結ぶ京王井の頭線。同線が京王電鉄の路線になるまでには、実に数奇な運命をたどっており小田急電鉄も一時所有していたとか。現在の姿になるまで、どのような歴史を歩んできたのでしょうか。

明大前駅付近の遺構が物語る歴史

 渋谷〜吉祥寺間12.7kmを結ぶ京王電鉄井の頭線の明大前駅(東京都杉並区)。その吉祥寺駅寄りには、玉川上水の跨線橋が架かっています。この橋をよく見ると、井の頭線以外に、もうひとつ複線の線路を敷ける程度のスペースがあることをご存知でしょうか。実はこの空間、「東京山手急行電鉄」という戦前に存在した会社の“夢の跡”であり、数奇な運命をたどった井の頭線の歴史を物語っているのです。

 東京山手急行電鉄は1921(大正10)年に設立され、大井町駅(現・東京都品川区)を起点に駒沢(現・世田谷区)、中野、板橋、三河島(現・荒川区)、亀戸(現・江東区)などを経由して洲崎(現・江東区。東京メトロ東西線東陽町駅周辺)に至る鉄道の建設を計画していました。しかし1929(昭和4)年に始まった「世界恐慌」のあおりで、この計画も同社も立ちゆかなくなります。

 一方、渋谷急行電鉄は1928(昭和3)年に設立された会社で、渋谷と吉祥寺(現・東京都武蔵野市)を結ぶ鉄道の建設を計画していました。しかしこちらも「世界恐慌」の影響で、資金不足に陥ってしまいます。

帝都電鉄、誕生 しかしその経営は…

 資金不足にあえいだ東京山手急行電鉄と渋谷急行電鉄の両社は、1931(昭和6)年に小田原急行鉄道の創業者である利光鶴松の仲介のもと合併し、「東京郊外鉄道」という会社が設立されます。ここで、両社の計画が比較検討され、まずは渋谷急行電鉄の計画に着手、その後、東京山手急行電鉄の計画に着手するということになりました。

 利光の尽力もあって、1933(昭和8)年に渋谷〜井ノ頭公園(現・井の頭公園駅。東京都三鷹市)間が開業。前述の明大前駅の跨線橋はこのとき、当時、西松原駅と呼ばれた同駅の北側につくられたもので、東京山手急行電鉄の計画も想定したスペースが設けられました。

 また、東京市(当時)の市域が拡大されたことを受けて、1933(昭和8)年に東京郊外鉄道は社名を「帝都電鉄」に変更します。1934(昭和9)年には井ノ頭公園〜吉祥寺間が開業し、現在の京王井の頭線にあたる路線が完成しますが、私鉄の歴史に詳しい大東文化大学の今城光英副学長によると、沿線が未開発地帯であったことや、東京山手急行電鉄の負債が重荷となり、帝都電鉄の経営は思わしいものではなかったといいます。

 やがて1938(昭和13)年、「陸上交通事業調整法」が公布され、戦時輸送体制に向けて交通各社の事業が統合、再編成される動きが活発化します。そうしたなか1940(昭和15)年、帝都電鉄は元々関係が深かった小田原急行鉄道へ吸収合併されることになりました。

 その後、小田原急行鉄道は「小田急電鉄」と改名し、1942(昭和17)年には東京急行電鉄へ吸収合併されます。つまり、渋谷〜吉祥寺間の鉄道は開通から10年を待たず3社の手を渡り、ここでいったん東京急行電鉄のものになったのです。

もしいま、東京山手急行電鉄があったなら

 終戦前には、東京急行電鉄は現在の東急電鉄だけでなく、小田急電鉄、京王電鉄、京急電鉄などの路線をあわせ持つ大きな鉄道会社になっていましたが、戦後、分離してそれぞれの会社が再び設立されることになります。

 ここで渋谷〜吉祥寺間の鉄道は、合併前のことを考慮すると小田急電鉄が経営することになりそうなものですが、同線は戦前に存在した京王電気軌道の路線を引き継ぐ会社によって運営されることが決定します。『小田急五十年史』(小田急電鉄発行)によると、京王電気軌道は戦時中の事業再編成によって稼ぎ頭であった発電部門を失っており、鉄道事業などだけでは厳しい経営が予想されたため、利益が見込まれる渋谷〜吉祥寺間の鉄道が京王電気軌道に移譲されたとのことです。

 これには小田急電鉄だけでなく、渋谷〜吉祥寺間の鉄道で勤務していた職員も反対したそうですが、代替としてそれまで東京急行電鉄が所有していた箱根登山鉄道と神奈川中央乗合自動車(現・神奈川中央交通)を小田急電鉄に移譲することで話がまとまります。こうして1948(昭和23)年、戦前の京王電気軌道と帝都電鉄の路線を所有する「京王帝都電鉄」が設立されました。

 京王帝都電鉄は1998(平成10)年に「京王電鉄」へと改称し、帝都電鉄の名前は消滅しましたが、井の頭線は今日も京王電鉄の一路線として多くの人々を運んでいます。

 ちなみに『小田急五十年史』には、東京山手急行電鉄が完成し、戦後も小田急電鉄の路線であれば、大きな繁栄をもたらした可能性があっただろうことが記されています。また、井の頭線を手放してしまったことは大きな損失であったものの、現在の神奈川中央交通と箱根登山鉄道が小田急電鉄の傘下に入ったことは、同社の発展に大きく貢献したとされています。

関連記事(外部サイト)