姿消す浜松だけの「空を飛ぶ新幹線」 宙に浮く25mプールより長い車体

「空を飛ぶ新幹線」終了へ

姿消す浜松だけの「空を飛ぶ新幹線」 宙に浮く25mプールより長い車体

姿消す浜松だけの「空を飛ぶ新幹線」 宙に浮く25mプールより長い車体

浜松工場の「空」を飛ぶN700A。全般検査中の車両であるため、先頭のカバーや床下機器などがない(2016年9月18日、恵 知仁撮影)。

JR東海・浜松工場の名物で、ここでしか見られない整備中に「空を飛ぶ新幹線」が、まもなく姿を消します。特別な「見納めイベント」も開催されました。

浜松だけの「空を飛ぶ新幹線」

 浜松工場の名物「空を飛ぶ新幹線」が、まもなく姿を消します。

 JR東海は、同社の浜松工場(静岡県浜松市)で新幹線車両の「全般検査」を行うにあたり、車体をクレーンを使って約2.3m持ち上げ、工場内を“空中移動”させています。

 現在、新幹線車両の全般検査を行っている施設は日本に複数ありますが、このようにクレーンが使用され、車体が空中を移動するのは浜松工場のみ。そのため「空を飛ぶ新幹線」は浜松工場の“名物”になっており、長さおよそ27.4m、幅およそ3.4m(N700系先頭車の場合)もある大きな車両が宙に浮き、移動する姿は迫力と非日常感があることから、例年夏に行われる同工場の一般公開イベントでは毎回、その実演が人気を集めてきました。

 ちなみに、鉄道車両も自動車と同様、定期的に検査する必要があり、そのうち最も大掛かりなのが「全般検査」です。新幹線では基本的に120万キロの走行、もしくは36か月ごとに行われ、車両から部品を取り外して細部まで検査、整備するほか、再塗装なども実施されます。逆に言えば、JR東海の新幹線車両は少なくとも3年に1回、“空を飛んでいる”わけです。

 しかしこの「空を飛ぶ新幹線」が、2016年度中に姿を消します。

クレーンにあるデメリットとは? 特別な見納めイベントも

 浜松工場での全般検査は今後、その改修にともないクレーンでつるのではなく、リフティングジャッキで車体を下から持ち上げる方式に変更されるため、ここだけの名物「空を飛ぶ新幹線」は、2016年度中に姿を消します。JR東海によると、クレーンの操縦は免許を持っている人しかできないのに対し、リフティングジャッキは免許がいらないといったメリットがあるそうです。

 1964(昭和39)年に開業した東海道新幹線。浜松工場はその初期から、新幹線車両の全般検査を担当してきた施設です。これまで同工場ではおよそ半世紀にわたり、新幹線が空を飛んできました。

 名物の「空を飛ぶ新幹線」が姿を消すため、JR東海は2016年9月18日(日)、その一般公開イベント「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を開催しました。

 実演は、例年夏の一般公開イベントのものとは異なり、先頭カバーや床下機器、車体側面の「N700A」マークなどが外された全般検査中の車両を使用。新幹線の服を着た親子などが、上空すぐ近くへ迫ってくる車体に「おおっ!」と声を上げていました。

 JR東海によると、「空を飛ぶ新幹線」の実演は今回が最後とのこと。あす9月18日(月・祝)も開催され、入場は無料です。車両側面に掲示される行先が書かれた「方向幕」や「D・E席」など、実際に使われていた新幹線の部品も販売されます(数量限定のため抽選販売)。

・さよなら 車体上げ・載せ作業実演(JR東海)
http://recommend.jr-central.co.jp/syatai_agenose/

【写真】空を飛ぶ新幹線のお医者さん

関連記事(外部サイト)