小田急、JR東、メトロ車が初の集結 「小田急ファミリー鉄道展」開催

小田急、JR東、メトロ車が初の集結 「小田急ファミリー鉄道展」開催

相互直通運転に使用されているJR東日本のE233系2000番台(左)、東京メトロの16000系(中)、小田急の4000形(画像出典:小田急電鉄)。

小田急電鉄が、海老名電車基地の一般公開などを行う「小田急ファミリー鉄道展」を2016年10月に開催。相互直通運転を行っている小田急、JR東日本、東京メトロの電車が初めて、そのイベントに勢ぞろいします。小田急グループのバスも展示されるほか、向谷 実さんのライブなども行われる予定です。

今年3月から始まったJR東日本車による小田急線への直通運転

 小田急電鉄は2016年9月13日(火)、海老名電車基地(神奈川県海老名市)の一般公開などを行う「小田急ファミリー鉄道展 2016」を、10月15日(土)と16日(日)に開催すると発表しました。

 今年で16回目になるこのイベント、第1会場の海老名電車基地では車両展示が行われますが、これに小田急と相互直通運転を行っているJR東日本と東京メトロが協力。JR東日本のE233系2000番台、東京メトロの16000系、そして小田急の4000形と、相互直通運転を行う3社の車両がこのイベントに初めて勢ぞろいします。

 かつて、小田急とJR東日本、東京メトロの3社直通が可能な車両は東京メトロのものだけでしたが、機器の対応などが行われ、2016年3月からJR東日本の車両も小田急線へ直通運転するようになっています。同時に、小田急の車両もJR東日本の常磐線を走るようになりました。

 このほか第1会場では、保守作業車や保守作業道具の展示、小田急の車両を使って乗務員気分を楽しむ「なりきり乗務員 みんなで出発進行!」(9月25日までに要事前応募、5歳から12歳まで限定)、グッズ販売などが行われる予定です。

 第2会場の海老名駅付近にある商業施設「ビナウォーク」では、箱根登山バスや神奈川中央交通など小田急グループのバス車両展示、グッズ販売のほか、駅の発車メロディー製作などでも知られるキーボード奏者、向谷 実さんのライブ(15日)、向谷さんプロデュースのお笑いライブ「爆笑!鉄道バラエティステージ」(16日)などが実施されます。

 開催時間は、第1会場が10時から15時30分(最終入場15時)、第2会場が10時から16時まで。入場は無料です。

関連記事(外部サイト)