原寸大の北海道新幹線&青函トンネルがビッグサイトに 「ツーリズムEXPOジャパン」開催

原寸大の北海道新幹線&青函トンネルがビッグサイトに 「ツーリズムEXPOジャパン」開催

青函トンネルまで再現された原寸大のH5系新幹線「はやぶさ」(2016年9月、乗りものニュース編集部撮影)。

今年で3回目を迎えた、世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2016」。原寸大の北海道新幹線H5系「はやぶさ」をはじめ、乗りもの関連の話題も満載で開催されます。

旅を彩る「乗りもの」も多数集結

 日本観光協会と日本旅行業協会が主催する「ツーリズムEXPOジャパン2016」が、2016年9月24日(土)と25日(日)の両日、「東京ビッグサイト」(東京都江東区)で開催されます。

 国内外の観光情報を紹介するこのイベントには自治体や観光協会、旅行代理店などとともに鉄道会社や航空会社、クルーズ会社も多く出展しています。

 特に目を引くのは、JR東日本とJR北海道の共同ブース。原寸大で、青函トンネル(青函隧道)と北海道新幹線H5系「はやぶさ」の模型が展示されており、VR(バーチャルリアリティ)技術を用いることで、グリーン車よりも格上の座席「グランクラス」の疑似体験も可能です。

 JR西日本は、2017年にデビュー予定の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)」の模型を展示。このほかJR東海や西武鉄道、東武鉄道、京成電鉄、南海電鉄、近鉄、西鉄など全国の鉄道会社が、工夫を凝らしたさまざまなブースを出展しています。

「乗りもの」や「旅」のほかに「食」も充実したこのイベント、開催は9月24日(土)が10時から18時、25日(日)が10時から17時で、当日券は大人1300円、子ども700円です。

 なお、「東京ビッグサイト」では9月24日(土)と25日(日)の両日とも、「ツーリズムEXPOジャパン2016」と同時に「第56回全日本模型ホビーショー」も開催されています。

関連記事(外部サイト)