現役最古の電車が「キティ色」に 南海電鉄「HELLO KITTY LOVES すみよし」開催

現役最古の電車が"キティ色"

現役最古の電車が「キティ色」に 南海電鉄「HELLO KITTY LOVES すみよし」開催

現役最古の電車が「キティ色」に 南海電鉄「HELLO KITTY LOVES すみよし」開催

「ハローキティ」を乗せ、住吉大社の前を走る「ハローキティ」の阪堺電鉄モ161形(写真出典:南海電鉄)。

定期的に運用されている電車で日本最古のものが、「ハローキティ」デザインになりました。大阪市の住吉エリアで行われるキャンペーンにともなうもので、住吉大社には「南海風ハローキティ」の巨大絵馬が登場するなど、さまざまなイベントなどが行われます。

昭和初期×「ハローキティ」

 南海電鉄が2016年9月30日(金)、「HELLO KITTY LOVES●すみよし」(●はハート。以下省略)キャンペーンの開催記念セレモニーを実施。「ハローキティ」デザインにした阪堺電鉄のモ161形(166号車)を披露しました。阪堺電鉄は南海グループです。

 このモ161形は、1928(昭和3)年に登場した路面電車タイプの車両で、定期運用されている電車としては日本で最も古いもの。そのモ161形のうち、166号車は茶色く塗られレトロな雰囲気を漂わせていましたが、このたび一転して、かわいらしいピンク色になりました。

 このたび始まった「HELLO KITTY LOVES すみよし」キャンペーンは、南海電鉄が住吉大社(大阪市住吉区)協力のもと、実施するもの。住吉エリアの魅力を発信することで、女性や若年層をはじめとした多くの人々に来訪してもらい、同エリアを盛り上げることが目的といいます。

 なお住吉大社は、阪堺電鉄の住吉鳥居前停留所、南海電鉄の住吉大社駅からすぐの場所にあり、全国に2300社あまり存在する住吉神社の総本社。初詣に例年およそ250万人もが訪れることでも知られる神社です。

一寸法師も 南海電鉄&住吉大社らしくなっているラッピング電車

「ハローキティ」のラッピング電車は、2016年10月16日(日)から運行。2017年2月15日(水)まで、阪堺電鉄の全線を走る予定です。運行時間などは日によって変わります。

 このラッピング電車は、「ハローキティ」がとても“らしく”なっているのが特徴。鉄道の制服を着ていたり、巫女風であったり、一寸法師だったり、南海電鉄と住吉大社らしい姿で車両に登場しています。住吉大社は「『一寸法師』発祥の地」とされている場所です。

「HELLO KITTY LOVES すみよし」キャンペーンではラッピング電車運行のほか、さまざまなイベントなどを実施。住吉大社には11月15日(火)まで、幅およそ10m、高さ約6mという「巨大絵馬」が登場するほか、撮影用のパネルも2016年2月15日(水)まで設置されます(12月25日から1月15日を除く)。撮影用の小道具も用意しているそうです。

 南海電鉄の住吉大社駅では2016年2月15日(水)まで、「ハローキティ」のステッカーを各所に掲出。同社の空港特急「ラピート」のきぐるみを着た、また一寸法師になった「ハローキティ」が乗客たちを出迎えます。

「ラピートキティ」も用意

 特製グッズの販売も、2016年10月12日(水)から行われます。「南海キティ ランチボックス」(1600円)、「南海キティ カトラリーセット」(1600円)、「ラピートキティ スタンドミラー」(1300円)の3種類で、販売場所は難波駅サービスセンター(2階中央改札口)、「Nasco+(ナスコプリュス)」なんば北口3号店、「アンスリー」なんば駅中央口店、なんば第1ビル店、石津川店、和歌山市駅店、林間田園都市店、「みさき公園(わくわく電車らんど)」。価格は税込み、商品が無くなり次第の終了です。

 2016年9月30日(金)から12月24日(土)まで第1弾が、2017年1月16日(月)から2月15日(水)まで第2弾が実施される「スタンプラリー(なんば〜住吉〜堺)」でも、グッズ(記念品)を手に入れることができます。

 こちらでスタンプを集めてプレゼントされる記念品は、第1弾が「南海オリジナルB5ノート」(500個)と「サンリオキャラクターズ 卓上カレンダー」(1080個)。第2弾が「南海オリジナルB5ノート」(500個)と「サンリオキャラクターズ タオル」(1200個)です。

 また2017年2月15日(水)まで、粉浜商店街(大阪市住之江区)などの対象店舗で商品を購入し、条件を満たせば「『ハローキティ』おみくじ」がプレゼントされます(無くなり次第終了)。

関連記事(外部サイト)