東京駅社員食堂を一般開放 限定3日間 人気の定食も登場

東京駅社員食堂を一般開放 限定3日間 人気の定食も登場

左上から時計回りに「唐揚げ定食」「懐かしの食堂車のカレー」「みそかつ定食」「懐かしの駅食堂のハンバーグ定食」(写真出典:日本レストランエンタプライズ)。

2016年10月8日〜10日の3日間、東京駅社員食堂が一般開放。期間中は食堂の人気メニューも登場します。

人気の「唐揚げ定食」や「みそかつ定食」も

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は2016年10月5日(水)、「鉄道の日」を記念した「東京鉄道祭」にあわせて、10月8日(土)から10月10日(月・祝)までの3日間、東京駅社員食堂を一般開放すると発表しました。

 期間中に提供されるメニューは5種類。社員食堂で人気という「唐揚げ定食」や「みそかつ定食」をはじめ、「懐かしの食堂車のカレー(ハンバーグのせ)」「懐かしの駅食堂のハンバーグ定食(デミグラスソース使用)」、子ども向けの「親子オムライス」(大人も注文可)です。

 価格はいずれも600円(税込)。営業時間は午前11時から15時まで(ラストオーダーは14時30分)ですが、予定数に達したメニューから順次販売が終わります。

関連記事(外部サイト)