大きな意味がある「待たされる時間」 鉄道事故発生、そのとき

大きな意味がある「待たされる時間」 鉄道事故発生、そのとき

「倒壊した足場や鋼材などに衝突して脱線した」という想定の品川行き快特。線路上の電線も切れてたわんでいる(2016年10月4日、太田幸宏撮影)。

列車に乗っていて事故などが発生した際、なかなか状況が進まず、イライラすることもあるでしょう。しかしこの時間には、大きな意味があります。またそうした事態において、乗客はどうするのがベストなのでしょうか。

「線路・電気・通信設備が損壊」

 2016年10月4日(火)、京急電鉄が京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市)で「鉄道事故復旧訓練」を行いました。

 事故発生時でも迅速に対応できるよう1982(昭和57)年から毎年秋に実施されているもので、今年で35回目。今回の訓練想定は「地震の影響で、線路付近の工事現場から倒壊した足場や鋼材等に上り快特列車が接触し脱線。乗客に負傷者が発生し、線路・電気・通信設備が損壊する」というものです。

 訓練には京急グループ関係者に加え、警察や消防関係者ら合わせて210人と、見学者546人が参加。乗務員による初動対応、負傷者の救出や乗客の避難誘導、脱線した車両の復旧、線路や電気設備などの補修作業などが行われました。

 鉄道関係者はこういった訓練を通じ、事故発生時における対応のルールや手順を定期的に確認していますが、訓練を受けていない“ごく普通の乗客”としては万一の際、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

トラブル発生時、絶対に車外へ出てはいけない理由

 訓練では、事故が発生すると、運転士はまず周りの列車を止める信号(発報信号)を発信。そして車掌に事故内容を報告し、発煙筒をたいて現場から少し進んだ線路上に置きます。事故を知らない対向列車に異変を知らせることで、衝突など二次災害が起きるのを防ぐためです。

 一方、運転士から事故発生の報告を受けた車掌は、運輸司令にそのことを連絡したあと車内を見回り、けがを負った人がいることを確認。その後、駆けつけた駅係員や鉄道施設係員らとともに、乗客およそ120人の救出と避難誘導に取り掛かりました。

 それまでのあいだ、乗客は車内で待つことに。車外の安全が確認されていないことから、車掌や駆けつけた駅係員からは「絶対に車外へ出ないようにしてください」と繰り返し案内されます。

 車外の危険は、具体的には、対向列車が来るかもしれない、電線が切れて垂れ下がっており感電するかもしれない、電線を支える柱が倒れるかもしれないなどといったものです。

事故発生時、乗客にできる「ベスト」とは

 運転士や車掌は、運輸司令などと連携し、周囲の列車がストップしていることや、送電が停止されていることなどを確認していきます。乗客の避難誘導や負傷者の搬送は、これらの危険がクリアになって初めて始まるわけです。

 事故発生から避難開始までの所要時間はおよそ30分。避難完了までは、さらに20分を要しました。ただし、これはあくまで事前に計画された訓練。現実の事故では、さらに時間を要する可能性もあります。

 しかしこうした時間は、「安全」のため必要なもの。そうしたなか乗客にできる最上のことは、安全確保の妨げになるような勝手な行動は控え、乗務員や駅係員の指示に落ち着いて従うことかもしれません。

関連記事(外部サイト)