崎陽軒「シウマイBAR」東京駅にオープン 初のできたてシウマイ全種提供 ちょい飲みを

東京駅に崎陽軒シウマイBAR

崎陽軒「シウマイBAR」東京駅にオープン 初のできたてシウマイ全種提供 ちょい飲みを

崎陽軒「シウマイBAR」東京駅にオープン 初のできたてシウマイ全種提供 ちょい飲みを

崎陽軒の代名詞ともいえる「昔ながらのシウマイ」の赤いパッケージ(写真出典:崎陽軒)。

「シウマイ」で知られる横浜市の崎陽軒が、東京駅地下にオープン予定の「にっぽん、グルメ街道」に出店。「シウマイBAR」という新しい業態が展開されます。また、同社が飲食店舗を東京都内へ出店するのは初です。

崎陽軒の飲食店、初の東京進出

「シウマイ」「シウマイ弁当」などで知られる崎陽軒(横浜市西区)が、「シウマイBAR(バル)」という業態で2016年11月22日(火)、東京駅地下へ飲食店をオープンします。同社は現在、横浜市内で飲食店舗を営業していますが、東京都内へそれを出店するのは、今回が初めてのことです。

 JR東海が東京駅地下1階の「東京駅一番街」にその日オープンさせる、全国各地のグルメが集う新しい飲食店ゾーン「にっぽん、グルメ街道」、その第I期3店舗のひとつとして「横濱 崎陽軒」が開店します。

 同店は、いままで崎陽軒の飲食店舗にはなかった「シウマイBAR(バル)」という新しい業態。「これまでの飲食店舗はあくまで『料理』が中心でしたが、こちらは『シウマイをおつまみにお酒を楽しむ』ことを中心に、短時間でも気軽に立ち寄れるというコンセプトです」と崎陽軒は話します。

「『できたての崎陽軒のシウマイ全種類が食べられるお店』という意味では、唯一の店舗です。電車の待ち時間などはもちろんですが、『シウマイで一杯飲んで帰る』という、これまでとは違う『崎陽軒』もご提供できるかと思います」(崎陽軒東京営業部)

 同社によると、アツアツのシウマイはビールによく合うといい、今後も「おつまみとしてのシウマイ」の可能性、お酒との相性を追及していきたいと考えているそうです。

お好み焼き、白えび… 郷土の味覚を扱う、地元で知名度の高い名店を

 このたび東京駅にオープンする「にっぽん、グルメ街道」第I期で開店するのは「横濱 崎陽軒」のほか、北海道函館市の回転ずし店で、立喰い業態は初になる「函館立喰い寿司 函太郎」、富山湾でしか取れない白えびを天丼や海鮮丼で提供する「富山 白えび亭東京駅店」の2店。これらに既存の「仙台牛タン炭火焼『杜』」を加え、計4店でのスタートになります。

 また2017年3月には、お好み焼きの「広島 電光石火」(仮称)、黒豚とんかつの「鹿児島 黒かつ亭」、博多の明太子メーカーによる飲食店「博多かねふく ふく竹」(仮称)、「諸国ご当地グルメ」(仮称)の第II期4店がオープンし、計8店になる予定です。

 JR東海によると、この「にっぽん、グルメ街道」について、「全国各地の郷土の味覚を扱う、地元で知名度の高い名店を集めました」とのこと。幅広い客にむけ、ランチからディナーまで対応できるメニューをそろえる、としています。

関連記事(外部サイト)