マイラー向け?スマホ「ANA Phone」発売へ 2年間で最大3万4400マイル加算

マイラー向け?スマホ「ANA Phone」発売へ 2年間で最大3万4400マイル加算

オリジナルホーム画面や世界時計ウィジェットなどが用意される「ANA Phone」(画像出典:ANA)。

ANAとSBパートナーズが、2016年12月上旬から「ANA Phone」の提供を開始します。月々の利用やANA便の搭乗でマイルが加算されるのが特徴。2年間で最大3万4400マイルがたまるといいます。

端末は「Xperia XZ」を採用

 ANA(全日空)とソフトバンクグループのSBパートナーズは2016年10月12日(水)、利用に応じてマイルがたまるスマートフォンのサービス「ANA Phone」(エーエヌエーフォン)を、2016年12月上旬から提供すると発表しました。

 月々の利用料金に応じてANAのマイルがたまるほか、ANA便に乗ると「搭乗ボーナスマイル」も加算。2社によると、2年間で最大3万4400マイルがたまるといいます。

 ANAのマイルは、特典航空券との交換や買い物などに使えます。特典航空券の場合、国内線は5000マイル(片道)から、国際線は1万2000マイル(韓国ソウル往復、ローシーズン)から交換が可能です。

 このサービスは、SBパートナーズがMVNO(仮想移動体通信事業者)となってソフトバンクの通信網を活用し提供。スマートフォンは、ソフトバンクが販売するソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ」が採用されます。端末にはオリジナルホーム画面や時間帯に応じて背景が変わるライブ壁紙、世界時計ウィジェットなどがプリインストールされています。

 11月2日(水)から詳細の案内と予約の受付が開始される予定です。

関連記事(外部サイト)